2019年3月21日にBS1で放送された『MLB×プロ野球』でメジャー初登板を果たしたシアトルマリナーズの菊池雄星のピッチングについて黒木知宏がフリーアナウンサーの上田まりえと共に分析しています。

 



この日の菊池の投球内容

4回2/3、被安打4、失点2、奪三振3

菊池は勝利投手まであとアウト1つでしたが降板となりました。

 

黒木 最後の決め球が少し甘く入ってタイムリーになりましたけど、もう一人という状況だったんですけどね。ただ、球数もしっかりと投げてましたし、あとはゲームの展開からして、逆転されるようなことがありますとチームの流れが本当に変わってしまうんですよね。

 

アナ はい。

 

黒木 ですから交代としては、するべき交代だったかなと思います。

 

アナ ただ、今日はイチロー選手にとって節目の試合というところでまた菊池投手にとってもメジャーデビューという、また新たな一歩を迎えた試合となったんですが。

 

黒木 はい。

 

アナ まあ特殊な雰囲気と言ったら、言葉が正しいのかは分からないんですが、この中で投げるというのもまた。

 

黒木 いやぁ、よく投げたと思いますよ。選手は恐らく分かっていると思うので、その中でもなんとか決めたいという思いがありましたけどね。

 

アナ 特に今日の菊池投手で良かったところはどこですかね?

 

黒木 今日のポイントは強いストレートです。

 

アナ はい。

 

黒木 非常に変化球も効いてました。スライダー、チェンジアップも良かったし。ただそれを生かすことができたのは強いストレートがあったからですね。特に4イニング目に強打者に対して攻める気持ち。力で勝負するという思いの投球になってました。なのでバッターからするとストレートにタイミングが合わせて差し込まれないようにポイントを前にしますよね。

 

アナ うん。

 

黒木 それでいて変化球を投げてタイミングを崩すという、上手くコンビネーションができたピッチングだったので、変化球を投げるには強いストレートを投げる。それをやってのけた今日のピッチングでしたね。

 

アナ その今日の投球を見て、今後アメリカに戻ってメジャーでどのような活躍を期待できますか?

 

黒木 このような投球を続けていて、年間しっかりとローテーションを守ることができれば勝ち星もそうですし、イニングもしっかりと投げられると思いますので期待していいと思います。

 

アナ はい。そしてマリナーズは来週の木曜日(3/28)にホームでの開幕戦を迎えます。相手は昨年の王者レッドソックスということで。そして4連戦のどこかで菊池投手が先発する予定ということですが、いかがでしょうか?

 

黒木 レッドソックス打線は非常に強力なので自分の力が今どれぐらいなのか、通用するのか、というのがスゴく肌で感じ取れると思うんですよね。ですから、当然勝つことも大事。経験値を上げるには非常にいい相手なんで自分の力を感じてもらいたい。とにかく攻めてほしいなと思います。

 

 

以上です。

イチローは引退ですが、菊池雄星はこれがスタートです。

おすすめの記事