2019519日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で今シーズン初の同一カード3連勝となった横浜DeNAベイスターズ。高木豊が打線の良くなってきたところについてフジテレビアナウンサーの今湊敬樹と共に語っています。

 



アナ DeNAがヤクルトに3連勝です。今日のDeNA打線はいかがでしたか?

 

高木 理想的な攻撃が見れましたね。ホームランはいつでも打てる打線なんですよ。ただ、接戦で1点をどうやって取るのかがやっぱり課題のチームなんですよ。

 

アナ はい。

 

高木 5回表4-0でリードしている場面で先頭の1番・神里がヒットで出塁する。足の速い神里ですから、足を使ってほしいなというところで絶妙のタイミングで盗塁を成功させました。

 

アナ はい。

 

高木 そして問題がバッターの2番・宮崎なんですけど、宮崎が返しにいくのか、右打ちするのか、というところでキッチリとセカンドゴロを打って進塁打を打つ。本当だったら引っかけそうなボールなんですけど、引き付けて右へ打てた。

 

(続けて)

 

高木 そして外野フライで1点、ヒットでも繋がるという場面で3番・ソトがレフト前のタイムリーヒット。

 

アナ はい。

 

高木 だからホームランはいつでも打てる打線なので、接戦の場面で1点をどう取るかっていうのがこのチームの課題だったんですけど、こういう形になって見せてくれたのが、これからも好調さを見せてくれるだろうなっていうを感じました。

 

アナ なるほど。DeNAが足と進塁打を絡めてダメ押しをした試合。今シーズン初の同一カード3連勝となる試合でした。

 

高木 はい。

 

 

以上です。

見ていて淡泊な打線ですからこういうことができれば強くなります。
おすすめの記事