201962日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦でプロ9年目にして初ホームランを放った千葉ロッテマリーンズの江村直也についてヤクルトで監督をしていた真中満、元日ハムの岩本勉、元中日巨人の井端弘和がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



江村のヒーローインタビューの一部

江村 ちょっと緊張しているんでうまく喋れるか分からないですけど、最高です。正直どうやって打ったかも、何を打ったかも覚えていないんで。時が止まっていたというか、味わいながら走りました。

 

 

真中、井端、岩本が語る

アナ 江村選手は待ちに待ったプロ初ホームランでした。

 

岩本 情報によると9年目で、267打席目でのプロ初ホームランなんですよね。そりゃ応援し続けていた人も涙しますよね。

 

アナ そうですよね。しかも満塁ホームランでした。

 

岩本 はい。試合後にはライトスタンドまで行ってファンの方々にサインボールまで投げ入れるというね。井端さん、苦労人の江村が打ちましたけど、嬉しいでしょうね。

 

井端 いいホームランでしたし、ゲームを決める意味でも非常に貴重なホームランでしたね。

 

岩本 そうですね。そして9年目でのホームラン。真中さんがこのホームランを見て、頭の中でそろばん弾いてましたけど、何してたんですか?

 

真中 えっ、それ聞くの?()

 

岩本 はい。お願いします。

 

真中 計算によると次にホームランを打つのが2028年。

 

岩本 そんな事を計算してたんですか?

 

真中 いや、俺が計算したんじゃなくてスタッフが計算してたんですよ。

 

岩本 あっ、そうなんですか。

 

真中 ペースはそうかもしれないですけど、次の試合でまた打つかもしれませんからね。

 

岩本 そうですよね。それを聞きたかったんですけど、1本打つと体が覚えるというのもあるんですか?

 

真中 そうですね。反応もできるようになる。ただ、ホームランは狙わずに普段通りにバッティングを続けてホームランが出るようになればいいですよね。

 

岩本 そうですね。人の涙、感動を呼ぶホームランでしたね。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

泣いている人がいました。
おすすめの記事