2019813vs中日ドラゴンズ戦@ナゴヤドームの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は青柳晃洋、中日の先発は大野雄大。試合はひたすら投手戦というか貧打線。試合はそのまま延長に突入し、両チーム共に1点も取らずに引き分け。何も起こらなかった試合でした。ABCラジオの野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―延長12回引き分け

矢野 誰かが打ってればというのがあるけれども、俺の責任なので誰かのせいではない。

 

―先発の青柳について

矢野 ゴロも打たせられたし内容も良かった。点を取れなかったのでもう少し投げさせたかったんだけど、代えざる負えなかった。

 

―中継ぎがよく抑えた

矢野 島本なんかはこういう僅差で投げるからこそ成長できる。バタバタしている様子がなかったのでその辺が良かった

 

 

以上です。

ウソみたいな試合でした。
おすすめの記事