2019823日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs読売ジャイアンツ戦で3か月ぶりの勝利をあげた巨人キラーの横浜DeNAベイスターズの東克樹のピッチングについて、そして活躍した1番・梶谷隆幸について元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



東のヒーローインタビューの一部

 個人的にもチームとして今日は重要な一戦だったので、本当に勝てて嬉しいです。梶谷さんのバックホームの返球が今日一番助かりました。ベイスターズもまだまだ優勝のチャンスがあるんで、一戦必勝で頑張っていきたいと思います。

 

 

東について

この日の東の投球内容
8回88球 被安打4 奪三振2 四球0 失点1
今季4勝2敗 防御率3.76(8/23の試合終了時点)
約3か月ぶりの白星!

 

アナ 巨人打線をねじ伏せて約3ヵ月ぶりの白星となったのがDeNAの東投手でした。

 

高木 はい。江本さん、今日の東はどうでした?

 

江本 今日は悪いところがひとつもない。全部良かった。

 

高木 そうですか。

 

江本 今日なんかは先頭打者をキッチリとアウトにするでしょ。

 

高木 なるほど。

 

江本 それで勝負球では必ず両サイドの低めに投げてくると。坂本なんかでもこれだけ散らされたら、そう簡単に打てんでしょ。

 

高木 ルーキーイヤーの去年は巨人に55勝なんですよ。

 

江本 相性もいいですよね。

 

高木 巨人からすると天敵みたいな感じなんですよね。

 

江本 巨人も人がいいから、これを何とかというのもないんでしょうね。

 

 

梶谷について

この日の梶谷の打撃内容
1打席目 ショートゴロ
2打席目 ライトホームラン
3打席目 サードゴロ
4打席目 センター前ヒット
1番で4打数2安打 2打点 1盗塁

 

高木 里崎さん、更に打線の中では梶谷が帰ってきました。

 

里崎 そうですね。

 

高木 梶谷は長打もあるし、足も使えるということで、敵チームにとっては非常にイヤな選手が帰ってきました。

 

里崎 これでまたぐっと締まっていきますよね。宮崎がいない分、打線をカバーするときにベテランが活躍するとチームが乗っていきますよね。

 

高木 そうですよね。だからキャッチャーをやっていても梶谷はイヤらしいでしょ?

 

里崎 そうですね。あとは一発もありますし、乗せると怖いじゃないですか。

 

高木 そうですね。

 

里崎 とにかく1打席目だけは抑えようとしていきますよね。

 

高木 なるほどねぇ。

 

アナ 投打が噛み合ったDeNAが巨人のマジック点灯を阻止しました。

 

 

以上です。

投打に頼もしい選手が帰ってきました。
おすすめの記事