2019824日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs福岡ソフトバンクホークス戦で今季5本目となる先頭打者アーチ、そしてプロ初の2桁ホームランとなった千葉ロッテマリーンズの荻野貴司について元中日の谷沢健一と元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



この日の荻野の打撃内容
1打席目 レフトホームラン(打点1)
2打席目 レフト前ヒット
3打席目 サードゴロ
4打席目 フォアボール
5打席目 フォアボール
シーズン打率.307(8/24の試合終了時点)

 

アナ ロッテはこれでソフトバンクに連勝ということになりました。なかでもロッテは荻野選手が自身初の二桁ホームランということになりました。苫篠さん、やはりいいものを持ってますからね。

 

苫篠 数字の部分では荻野選手は1シーズンを戦えた経験がなかったので、こうして元気に試合に出てくれると、数字という部分は付いてくると思いますね。

 

アナ はい。

 

苫篠 首位打者だとか、盗塁王だとか色んなタイトルについて以前にインタビューさせてもらいましたけど、1年間お腹一杯で野球ができることがまず目標ですからね。

 

 

アナ うーん。本当に今までは膝だとか、右手の骨折だとか怪我が色々ありましたからね。

 

苫篠 そうですよね。

 

アナ 谷沢さん、やっぱりいいものを持ってるから活躍を見たいですよね。

 

谷沢 そうですよね。時々、食べ過ぎて残しちゃう選手なんだけどね。

 

アナ ()

 

谷沢 まあしかし、荻野の二桁ホームランにはある要因があると考えてるんですよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 いつ見てもホームベースと非常に近くに立ってインサイドに投げにくくさせてる。

 

アナ なるほど。

 

谷沢 その姿勢が相手ピッチャーのコントロールを乱す要因だと思うんですよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 ロッテの打者に共通していることはホームベースの近くに立っている。そういう意味で粘っこい打線が組めてますよね。

 

アナ 相手ピッチャーにプレッシャーをかけていると。

 

谷沢 そうだね。

 

 

以上です。

ようやくフルシーズン完走できそうです。
おすすめの記事