20191013日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のクライマックスシリーズファイナルステージのvs.読売ジャイアンツとの第4戦で敗れてトータル14敗でCS敗退となった阪神タイガースについて元南海阪神の江本孟紀、元日ハムの岩本勉、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と語っています。

 



アナ CS敗退となってしまった阪神についてお聞きしたいと思います。

 

岩本 なんと言っても今シーズンのタイガースは終盤にスゴい勢いで連勝を重ねて、関西エリアではまさかのクライマックス出場というぐらい大いに奇跡を生んだと盛り上がっていたんですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 江本さん、阪神はどうでしょうか。クライマックスシリーズのファーストステージも逆転劇で勝ったりとかありましたけど、息切れというのでもないですよね?

 

江本 うーん。だけどね、結局はメンバーを見ても力不足ですよね。

 

岩本 はい。

 

江本 ひとつのいい例が大山と岡本です。どっちも4番にしようとしたでしょ。

 

岩本 はい。

 

江本 やっぱり阪神の大山は育ち切らなかった。今日も5番で、その前は打順の低い位置でね。でも岡本は一時期は打順が落ちたけど、ずっと原監督が使って結局MVPを獲るぐらいの選手に育ってしまった。どっちも育てようとしたんです。

 

岩本 えぇ。

 

江本 そこで阪神は上手くいかなかったんですね。メンバーを入れ替えたりしてたんだけどね。

 

岩本 なるほど。デーブさんはいかがでしょう?

 

大久保 本当にその通りだと思います。来年は大山に期待したいですね。

 

岩本 終盤はチームを引っ張っていましたし、力はありますよね。

 

大久保 あります。

 

アナ ここで矢野監督の談話を紹介します。「毎日楽しかった。負けられない中、チームで一つになって戦えたことに手応えを感じている。チームとして成長できた部分も大きかった」と語っています。

 

岩本 やっぱ

り悔しいと思うんで「楽しかった」というのは絞り出してると思うんですよね。

 

 

以上です。

大山は課題を克服できるんでしょうか。
おすすめの記事