2020120日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2020』でキャンプ2軍スタートとなった中日ドラゴンズのドラフト1位ルーキーの石川昴弥について大矢明彦、デーブ大久保、笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



大久保 石川は2軍スタートです。

 

大矢 まあ、彼の場合はやはり一番の期待はバッティングじゃないですか。

 

大久保 はい。

 

大矢 だから2軍スタートになったとしても、早い時期に1軍のレベルに入れていくと。やっぱり最初は高校の野球とプロの1軍のレベルはかなり違うので、慌ててしまうということが起きがちなんですよね。

 

大久保 はい。

 

大矢 ある程度、慣れたら1軍に入れていくのかな。それで「1軍のレベルはこんなもんだよ」っていうのを体験させないといけないんで。

 

大久保 なるほど。

 

大矢 そういう形になると思うんですよね。

 

大久保 苫篠さんはどう思われますか?

 

苫篠 やっぱり1軍だと報道陣が過熱しますからね。そういう意味でやはり静かなところから慣れさてやったらいいのかなと思いますね。やっぱりホームランバッターだと思いますけど、大矢さんが言われたようにいくらアマチュアで打っていたとしてもプロのホームランバッターと自分を比較すると、そこで「えっ!?」っていう最初から心を折られる可能性がありますからね。

 

大久保 うーん。

 

苫篠 徐々にプロのレベルを味わっていけばいいかなと思いますけどね。

 

大矢 ただ、中日の2軍は読谷で1軍は北谷で近いからね。

 

大久保 そうですね。

 

苫篠 デーブも高卒でホームランバッティングとして入団したんで気持ちが分かるんじゃないですか?

 

大久保 俺は2軍の宿舎にいて、途中で1軍の練習に参加して、また2軍に戻るって感じでした。

 

苫篠 うんうん。

 

大久保 それで俺は話題にならなかったけど、この子は話題になるじゃないですか。やっぱり伝統球団ですからね。

 

大矢 まあ、最初は慌てさせないというのは結構大事じゃないかなと思うんで。

 

大久保 確かに。どうしても無理しちゃうとおろがありますもんね。

 

アナ 今はブレずに育てていくと。

 

大久保 そうですね。

 

 

以上です。

最初は2軍スタートがいいでしょう。
おすすめの記事