2020年10月6日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.阪神タイガース戦でプロ初スタメンで1軍デビューし、プロ初ヒット&プロ初盗塁も決めた広島カープの宇草孔基について元巨人の松本匡史、横浜で監督をしていた大矢明彦、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



アナ 広島対阪神は引き分けでした。その中でも広島の宇草選手がプロ初安打、そして初盗塁を決めるデビューでした。

 

この日の宇草の打撃内容
1打席目 セカンドゴロ
2打席目 サードゴロ
3打席目 レフト2塁打
4打席目 フォアボール
プロ初安打&初盗塁!
2軍成績 54試合 率.280 本2 点15 盗11

 

大久保 はい。この若い力について、松本さんはどうご覧になりましたか?

 

松本 バッティングについては、1打席目でちょっと引っかけてセカンドゴロを打ったんです。

 

大久保 はい。

 

松本 その後の打席では逆方向にしっかりとスイングして打てたんですね。それで結果で左中間に2ベースを打ったんです。

 

大久保 えぇ。

 

松本 そして走塁もスタートがいいし、やっぱり加速が速いですよね。非常に楽しみなルーキーですね。

 

大久保 なるほど。大矢さんはいかがですか?

 

大矢 彼のアマチュアの経歴を見ると大卒だよね。

 

大久保 そうです。

 

大矢 うん。だからドンドン1軍で働かなきゃいけない経歴でプロに入ってるんでね。

 

大久保 確かに。

 

大矢 早く自分でこういうチャンスを掴まなきゃいけないですよね。

 

大久保 即戦力としてやらなきゃいけない経歴ですよね。

 

大矢 そうそう。大チャンスですね。

 

アナ はい。そして試合後の宇草選手のコメントなんですが、「ファームでやってきたことを出し切ろうと思った。歓声がスゴくてプロ野球だなあと思いました」と。

 

大久保 今日のことは忘れないだろうなあ。頑張れ宇草!

 

宇草孔基 23歳
1997年4月17日生 右投左打
常総学園ー法政大学ー広島(2019年ドラ2)

 

以上です。

即戦力でバリバリやらないといけません。
おすすめの記事