2020年11月7日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で4回裏1点ビハインドで会心の逆転3ランホームランを放った千葉ロッテマリーンズの藤原恭大について元中日の井端弘和がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



藤原のヒーローインタビューの一部

HR直前の好捕について

藤原 バッティングがあまり良くなかったので、フェンスに突撃してやろうという気持ちで捕りました。

 

HRについて

藤原 真っ直ぐ一本というか、来た球だけ打ってやろうという気持ちで打ちました。

 

―今後に向けて

藤原 少しでも貢献できるように全力でプレーします。

 

 

藤原を語る

この日の藤原の打撃内容
1打席目 空振り三振
2打席目 空振り三振
3打席目 ライトホームラン(打点3)
4打席目 見逃し三振
5打席目 送りバント
シーズン打率.250(11/7の試合終了時点)
ファインプレー直後に逆転3ラン!

 

アナ ロッテがオリックスを下しました。見事なヒーローとなる活躍を見せた藤原でした。井端さん、やはり藤原がいいですよね。

 

井端 そうですね。攻守で活躍しましたよね。

 

アナ はい。

 

井端 フェンスにぶつかりながらもナイスキャッチして守備からリズムを作って、そのすぐ裏にチャンスで一振りで3ランホームランを決めるというのは素晴らしかったと思いますし。

 

アナ うーん。

 

井端 ロッテもそれまではチャンスは作ってたんですけど、点には結びつかなかった中で一振りで3点取ったのは非常に大きかったと思いますね。

 

アナ やっぱり守備でいいところがあって、打撃にも好影響を及ぼすというのも井端さんにもありましたか?

 

井端 いいプレーでチェンジになってベンチに戻って来る時に、他の選手も「よし!この回だ!」となれるんで。

 

アナ なるほど。

 

井端 やっぱりそういうのがあったと思いますし、そして若い選手がナイスプレーを見せたというのは他の選手にも「自分もやならいと」と思わせたのもあったと思いますね。

 

 

以上です。

流れを引き寄せて3ランを放つ。完璧でした。
おすすめの記事