2020年11月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で全日程を終了した今季の阪神タイガースについて元ロッテの里崎智也、元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



課題は守備

アナ 今季の阪神は2位で終了。チーム成績はこのようになりました。

 

2020年の阪神タイガース
2位 60勝53敗 7分
打率.246(リーグ5位)
本塁打110(リーグ4位タイ)
得点424(リーグ4位)
盗塁80(リーグ1位タイ)
防御率3.35(リーグ2位)
失点460(リーグ2位)
失策85(リーグ6位)

 

真中 2位ではあるんですけど、気になったのが失策の数ですね。悪い所をついつい見てしまうんですよね。明雄さん、エラーの後に失点という場面も目立ちましたよね。

 

斎藤 そうなんですよ。エラーの後にピッチャーが踏ん張り切れずズルズルとやられてしまったという結果になったと思うんですよね。

 

真中 はい。

 

斎藤 その中でよく2位まで盛り返してきたなという感じはありますよね。それピッチャー陣の頑張りもあったし、打線では大山が大きく成長したんじゃないかなと思いますね。

 

真中 そうですね。まあ、人工芝じゃなく土のグラウンドということで、他のチームよりエラーが多くなることは仕方ない部分もあるとは思うんですけどね。

 

斎藤 そうなんですけど、人工芝でもバウンドを合わせ損なうという場面もありましたよね。

 

真中 そうですよね。里崎さんは今シーズンのタイガースについてはどうですか?

 

里崎 まあ、ダメなところが明白なんで、やるべきことは簡単に見つかりますよね。

 

真中 うんうん。

 

里崎 キャンプでは特打ってやりますけど、同じ時間だけ守備の練習をやるかって言われると、なかなかそこまでやってないと思うんですよ。だから特打と同じぐらいに守備にも特化してやっていくとジャイアンツ独走もなくなりますし、ひょっとしたら1位と2位の順位も来年は替わる可能性もあるんで、その明確なポイントを埋めれるかどうかが来季に向けての一番のポイントですよね。

 

真中 そうですね。守備も含めてこれからのレベルアップですよね。

 

里崎 はい。

 

 

大山の飛躍

真中 その中で大山が頑張ったなという印象なんですよね。里崎さん、開幕スタメンを外れたんですが、悔しさを胸に1年間頑張ったという。

 

今季の大山の成績
116試合 打率.288(423-122) 本塁打28 打点85

 

里崎 そうですね。結果論になりますけど、シーズン当初はボーアマルテサンズが出て、ベンチに追いやられたところで奮起したのがこの成績を生んだというのが素晴らしいですね。

 

真中 はい。

 

里崎 逆にあの外国人選手トリオが活躍してたら、今の大山がないというのを考えると怖いなというのもありますね。

 

真中 そうですね。日本人選手としてこれだけホームランを打てるバッターは少ないですもんね。

 

里崎 そうですね。

 

真中 明雄さん、大山は1年頑張ったと思うんですが。

 

斎藤 そうですね。里崎さんが言われたようにシーズン当初は出番がなかったですからね。オープン戦絶好調で何で?っていうのはあったんですけどね。

 

真中 はい。

 

斎藤 私が素晴らしいと思うのは、ゲームに出れなくても腐らずに調子を維持して、試合に出たときに結果を出せるように練習していたから、こういう成績を出せたんじゃないかなと思いますよ。不貞腐れるとこういう成績はなかったのかもしれない。

 

真中 そうですね。大山は1年よく頑張りましたよね。

 

斎藤 よく頑張ったと思います。

 

 

以上です。

大山の成長が一番の収穫。
おすすめの記事