2021年4月13日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で相手の先発・岸孝之から2打点の活躍を見せた千葉ロッテマリーンズの山口航輝について元横浜の野村弘樹、元中日の井端弘和、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の山口の打撃内容
1打席目 レフトホームラン(打点1)
2打席目 空振り三振
3打席目 ライト前ヒット
4打席目 フォアボール
1打席目は岸のカーブをホームラン
3打席目は差し込まれながらも内野の頭を越すヒット

 

アナ ロッテが息詰まる投手戦を制して楽天に勝利しました。

 

大久保 はい。野村さん、ロッテにとって岸は天敵です。そこで岸は山口に3球連続カーブを投げちゃって、そこで見事なホームランでしたよね。

 

野村 だから3球連続でカーブを投げる岸もスゴいんですけど。

 

大久保 そうなんですよね。

 

野村 山口も3球続けてカーブが来ると思ってるとは思えないんですよ。

 

大久保 だからこれ山口は真っ直ぐタイミングで待ってるんですよ。じゃないと振れないですよね。

 

野村 そうですよね。だから思い切りの良さを持ってる選手だと思っていましたけど、崩れながらでも打てると。

 

大久保 はい。

 

野村 あと3打席目も差し込まれて詰まりながらでも内野の頭を越えるという意味では、まだ岸攻略とまでは言えませんけど、ロッテは去年から続けて完封を食らってるわけですから。

 

大久保 はい。

 

野村 そういう意味では突破口とか糸口になればいいなと。それぐらいの山口の活躍に見えましたね。

 

大久保 そうですね。井端さん、あのカーブ撃ちの場面なんですけど、楽天のキャッチャー下妻も見切られてないなと感じての3球続けてカーブ要求でしたよね。

 

井端 そうですね。もうカーブは狙ってないなと思って要求してますし、私の現役中もカーブはなかなか狙って打てるもんじゃないんですよね。

 

大久保 そうですよね。なかなかカーブ狙いってのはないですよね。

 

井端 そうですね。カーブは「あっ、抜けてきた!」と思って反応で打つような感じなんですけど。

 

大久保 この山口の反応打ちは超一流の打ち方ですよね。

 

井端 そうですね。下半身も非常に粘れて、バットのヘッドで上手く拾えたかなというバッティングなんで、技術もあるのかなと思いますね。

 

大久保 技術がある楽しみなバッターです。

 

 

以上です。

絶賛のカーブ撃ち。
おすすめの記事