2021年6月2日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で今季初のスタメンで攻守に活躍した阪神タイガースの北條史也について元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満、横浜で監督をしていた大矢明彦がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



北條のヒーローインタビューの一部

北條 初スタメンのことはあまり考えずにファームでやってきたことを全部出そうと思って試合に臨みました。ファンの皆さんがいる中で野球するというのは本当に幸せな事なので感謝しています。

 

 

北條を語る

この日の北條の打撃内容
1打席目 センターフライ
2打席目 レフト前ヒット(打点1)
3打席目 レフト前ヒット(打点1)
4打席目 キャッチャーファウルフライ
今季初スタメンで2本のタイムリー!

 

アナ 阪神がオリックスとの接戦を制しました。北條選手は攻守に存在感を見せました。

 

真中 初スタメンで2本のタイムリーですからね。豊さん、北條の攻守に活躍で阪神が勝ちましたね。

 

高木 そうですねぇ。ファームの試合もちょっと見てたんですけど、北條は一生懸命やってました。

 

真中 はい(笑)

 

高木 ただ、今の阪神は二遊間の争いが激しいんで、こういう活躍をしないと忘れ去られるというか、もう居場所がなくなるんでね。だから今日の活躍は本当にインパクトがあったんじゃないですかね。

 

真中 まあ、こうやって1軍に上がってすぐに使ってもらえるというのもいいですよね。

 

高木 そうですねぇ。

 

真中 大矢さん、北條はどうでしたか?

 

大矢 相手がサウスポーの宮城という事で、右の北條が起用されたと思うんだけど、そういうチャンスって必ずやってくるんですよね。

 

真中 はい。

 

大矢 だからそれをどうモノにするか。それが選手にとっての道をドンドン広げていきますからね。

 

真中 そうですね。

 

大矢 チャンスを掴むかどうかですよね。

 

 

以上です。

チャンスをモノにしましたね。
おすすめの記事