2021年6月24日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.広島カープ戦で7回途中1失点の好投で2勝目を飾った東京ヤクルトスワローズの高橋奎二のピッチングについて元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信、元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



高橋のヒーローインタビューの一部

高橋 真っ直ぐは前回同様にいいボールがいってたので、真っ直ぐで押しつつ変化球で上手くストライクが取れていたので救われたのかなと思います。キャッチャーの古賀がしっかりと先制点を取ってくれたので、思い切って調子を上げていく事ができました。

 

 

高橋を語る

この日の高橋の投球内容
6回2/3 90球 被安打4 奪三振2 四球2 失点1
今季2勝0敗 防御率2.08(6/24の試合終了時点)

 

アナ 高橋選手の好投で広島に勝利し、ヤクルトが4連勝となりました。

 

高木 平松さん、高橋はインタビューの受け答えからも変わってきたような雰囲気がありますね。

 

平松 それは思ったね。少し一皮剝けたなと。球も暴れなくなったしね。今までは力一杯にえいや、えいやと投げてまいたけど、変化球も緩急を付けて投げているし、今後も活躍するんじゃないの。

 

高木 ですよね。期待感が膨らみますよね。

 

平松 そうですね。結婚して落ち着きましたね(笑)

 

高木 そうですね(笑) 子供もお腹にいるみたいでね。

 

平松 うん。良かった良かった。

 

高木 谷繁さんは高橋についてはどうですか?

 

谷繁 元々いいものを持ってて、何かキッカケがあればいいピッチングをすると思ってたんですけど、何かを掴んだのかもしれないですね。

 

高木 そこは奥さんじゃなくて?

 

谷繁 そこは関係ないと思います(笑)

 

高木 あぁ、技術的に何かを掴んだと(笑) やっぱり精神的な落ち着きが変えるというのもあるんでしょうね。

 

谷繁 そうですね。さっき豊さんが言ってたように、インタビューでの顔つきが変わってましたよね。

 

高木 顔つきが明るくなったというかね。何か自信が出てきたのかなという感じがしますね。

 

 

以上です。

自信が付いてきたようです。
おすすめの記事