2021年7月6日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.広島カープ戦で勝ち越し2ランHRとなる10試合ぶりの一発を放った横浜DeNAベイスターズの佐野恵太について元横浜の斎藤明雄、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



佐野のヒーローインタビューの一部

佐野 シーズン入ってから、いいところで打ててなかったので、周りの選手が助けてくれてばっかりだったので。ここからはこういう打撃が続けられるように、チームを助けられるようにやっていきたいと思います。

 

 

佐野を語る

この日の佐野の打撃内容
1打席目 センターフライ
2打席目 センター前ヒット
3打席目 ファーストゴロ
4打席目 ライトホームラン(打点2)
シーズン打率.321 得点圏.259(7/6の試合終了時点)
最近5試合 打率.350(20打数7安打)

 

アナ この試合はDeNAが広島に逆転勝利でした。デーブさん、気になった選手は?

 

大久保 やっぱり佐野選手。去年は首位打者を獲ってて、今年も3割打ってるんですけどね。明雄さん、本人も言ってましたけど、ここまで得点圏であんまり打ててなかったりとかだったんですけど、どう見てましたか?

 

斎藤 ヒットが出ていて打率がいい分には全然私は心配していませんね。得点圏打率.259しかないんですけど、打率が低いなら問題なんですけど、全く気にしなくていいんじゃないかなと思いますけどね。またチャンスでも打てるようになると思いますから。

 

大久保 そうですね。野村さんは佐野についてはどうですか?

 

野村 本人が一番気にしているのは得点圏打率だと思うんですよね。

 

大久保 そうですね。

 

野村 佐野からするとランナーがいるところで打ちたいというのがあると思うんですよね。そこへのこだわりが強いからああいうヒーローインタビューになったと思うんで。

 

大久保 この男はチャンスに強いですからね。

 

野村 そうです。そこは当たり前というところで、やっぱり得点圏ですよね。

 

大久保 そうですね。

 

 

以上です。

今年はチャンスであまり打ててないですね。
おすすめの記事