2018年5月30日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.SB戦で先発で登板し6回途中6失点とイマイチな内容の阪神タイガースの高橋遥人について元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の野村弘樹が語っています。

 



【この日の高橋遥人の投球内容】

5回1/3、109球、被安打9、奪三振7、四死球3、失点6(自責3)

今季2勝 (5/30の試合終了時点)

 

野村 平松さん、先発の高橋ですが、序盤は非常に良かったように見えたんですが結果的に6失点。この高橋の投球はどう見ましたか?

 

平松 あのね、ピッチングがだいたい単純なんですよ。だから、あとは落ちるボール系を覚えないとなかなか長いイニング0点とか1点で抑えていくというのが(難しい)。

 

野村 はい。

 

平松 バッターからすると非常にキレイなフォームなんで、タイミングが合わせやすい。そして、ある程度打ちやすいという。真っ直ぐとスライダー系しかないもんですから。

 

野村 はい。

 

平松 まあ、チェンジアップなんかも投げるんですよ。だから、もう1つ落ちるような球種を覚えますとストレートがもっともっと生きてくると思うんですよ。

 

野村 うーん。

 

平松 まあ、これからはそれが課題でしょうね。

 

野村 また、チェンジアップの精度と上げろというのも。

 

平松 そうです。このままだったらバッターが打ちやすいというのがあると思います。

 

野村 なるほど。苫篠さんはいかがですか?

 

苫篠 まあ、ルーキーですよね。これだけ勢いのあるピッチャーって思い出すのがヤクルトの時の石井一久なんですね。

 

野村 なるほど。

 

苫篠 石井一久の1年目は真っ直ぐとカーブしかない。だけど、西武の秋山、清原、デストラーデをねじ伏せる。それだけのモノがありましたから、高橋は真っ直ぐをもっともっと磨きをかけてね。僕はいつも言うんですけど、左ピッチャーでプロで飯を食っていけている人は右バッターの膝元へボールなんですよ。あそこにキッチリとドーンといけるコントロールですよね。そうすると外が甘くなっても凡打で切り抜けられるというところがあるんでね。まあ、その辺はこれからじゃないかと思いますけどね。

 

野村 そうですね。まだ若いですし非常にいいモノを持っているだけに楽しみな選手です。

 

 

以上です。

高橋はまだまだ脆さがありますね。いい時はいいんですけどね脆さがある。落ちる球があればもっと幅が広がるんでしょうけど、今シーズンは今のままでしょうね。

おすすめの記事