2018年6月28日フジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.阪神タイガース戦で先発した横浜DeNAベイスターズの今永昇太。今永の復調の気配が見えた場面を横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の斉藤明雄がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



【この日の今永の投球内容】

7回115球、被安打6、奪三振6、四死球3、失点2

今季1勝4敗 防御率7.42 (6/28の試合終了時点)

 

大矢 この試合はタイガースが勝ったんですけども、DeNAで今日先発した今永投手。

 

アナ はい。

 

大矢 今日の今永を見てちょっと良くなってきたかなという場面があったんで、ちょっと見て頂きたいんですけど。

 

アナ はい。

 

【その場面を見ながら解説】

大矢 今日の1回表の福留の第1打席の時にデッドボールを当ててしまうんですね。これ福留がかなり怒ったんだんですよ。

 

アナ はい。かなり怒っていますよねぇ。

 

大矢 これ以前にもぶつけているんですね。

 

アナ 『2回目だぞ』というジェスチャーをしていますね。

 

大矢 そして、4回表の福留の次の打席では、斎藤さん、これけっこう思い切って投げ込んだストレートで三振を取ったんだよね。

 

斎藤 そうですよね。今永はこうやってデッドボールを当ててしまって怒りを見せられても物怖じしないピッチャーなんで気にしないんですよね。

 

大矢 うん。なるほど。

 

斎藤 今永は全然気にしない。「チェンジアップが抜けただけですよ なんなら真っ直ぐ打ってくださいよ」っていう気持ちぐらいで三振を取っていますから。

 

大矢 はい。

 

斎藤 物凄くハートも強くて調子も上り調子になってきたんじゃないのかなと思いますね。

 

大矢 そうですね。これからはしっかりとローテーションで勝てるようになるんじゃないかと思いますね。

 

アナ はい。今後の今永投手のピッチングに注目ですね。

 

大矢 そうですね。

 

 

以上です。

今永はエース格ですからね。この辺がきっちりと仕事をしないと上位進出は厳しいですよね。

おすすめの記事