2018年10月4日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で敗戦しCS進出の可能性が消滅した阪神タイガースについて横浜で監督をしていた大矢明彦、元巨人の松本匡史、元阪神ダイエーの池田親興がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



アナ 阪神はヤクルトに敗れてクライマックスシリーズ進出の可能性が消滅となりました。

 

大矢 はい。池田さん、終戦です。

 

池田 うーん。1点差、9回表2アウト、この場面でドリスが奥村にまさかのホームラン。本当に痛かったです。まあ、打たれた本人もまさかという感じなんですけど。

 

大矢 はい。

 

池田 ただ、この紙一重の差が積み重なっていったのかなと思いますけどね。

 

大矢 なるほど。今日のゲームを見ていても、ノーアウトからランナーが出て、左バッターが次の打者なんですよね。

 

池田 そうですね。

 

大矢 なかなかバントを使えないケースになっちゃうじゃないですか。

 

池田 やっぱり打たせる場面になるんでしょうけどね。でも、9回裏にノーアウトから4番大山がヒットで出塁して5番ナバーロの場面では調子も良くなかったんで、代打を出してもいいのかなと思ったんですけどね。

 

大矢 はい。

 

池田 ただ、期待を込めて強行策で打たせていったのは悪くはないんですけど、尽く守備の正面にいったりするんですよね。(※結果は最悪のゲッツー)

 

大矢 うん。

 

池田 そういう流れが向こうにありましたね。

 

大矢 そうですね。松本さん、今年のタイガースの打線はけっこう入れ替わり立ち代わりでしたよね。

 

松本 そうですね。やはり調子の波が各選手、激しかったですよね。

 

大矢 うーん。

 

松本 ですから、誰を使っていいかというのをスゴく迷っていたと思うんですよね。

 

大矢 なるほどね。池田さん、若い選手を使っていて大山も開幕当初は良くて、そして今は4番を打っているんですけども。

 

池田 やっぱり続かない。若い選手たちというのは続かないもんなんであって、ここをどういう風に我慢するというのも大事になってくるのかなと思うんですよ。

 

大矢 はい。

 

池田 まあ、今日の試合はいい場面で左バッターというのもありましたけど、やっぱり打たせていった、我慢していった、というあったと思うんで、これを今後に繋げていけるようにね。

 

大矢 うん。

 

池田 有望な選手はたくさんいるんでね。頑張ってほしいなと思います。

 

大矢 松本さん、芯になる選手っていうのはある程度我慢が必要だと思うんですけどね。

 

松本 そうですね。特にクリーンナップで軸を打っている選手は特にそうですね。

 

大矢 そうですね。何か調子がいいときは試合に出られるけど、ダメだと代えられるんじゃないかという焦りも出てくるんじゃないかなと。

 

アナ 選手の心の中でということですよね。

 

大矢 そうですね。

 

アナ また来シーズン以降に若手の活躍を期待したいですね。

 

大矢 はい。何とかしていかなきゃいけないですね。

 

 

以上です。

金本構想が崩壊しまくった1年でした。

おすすめの記事