2018年10月24日にMBSテレビで放送された「戦え!スポーツ内閣」で古田敦也が報徳学園高校の小園海斗のいいところと悪いところについてタレントの武井壮とお笑い芸人のブラマヨ小杉と共に語っています。

 



古田 彼は守備は上手いんですよね。足も速くてスローイングも良くて非常にいいものを持っている。まだバッティングは粗いんだけど、体も大きくなってきて、非常にいいと思います。

 

武井 なるほど。

 

古田 ちょっと粗い感じが伸びしろがあっていいんですよ。

 

小杉 おぉぉ。仕上がってない分、化ける可能性があると。

 

古田 プロで考えたら仕上がってないです。本人の中では超高校級とか言われて仕上がっているつもりだろうけど。(ちょっと厳しい感じの口調)

 

小杉 怖い!(笑)

 

古田 いやいや(笑) 僕らはここまでのレベルの選手だとプロ目線で見ちゃうから、超高校級と言っても知れてるから(笑)

 

武井 ハハハ(笑)

 

古田 まあ、学生の時なんかは『深いところを守れる俺って凄いでしょ』っていうのを見せたがるんだけど。

 

武井 肩が強いしみたいな。

 

古田 もうそんなのはプロでは一切通用しないんで。

 

小杉 ハハハ(爆笑)

 

武井 めちゃめちゃ辛口だよ(笑)

 

古田 守備が深い選手というのは普通のゴロをチャージしないといけないんですよ。

 

武井 なるほど。

 

古田 だから、ハッキリ言ってエラーが増えるんです。

 

武井 そうかー。

 

古田 上手いショート、プロのショートはちょっとしたイレギュラーバウンドでも捕るんです。それは実は言うとチャージしないからです。最後までバウンドを見て『跳ねるかもしれない・・・跳ねるかもしれない・・・』と思ってポッと普通に捕って、普通にアウトを取るのが上手いショートなんで。

 

小杉 あー。

 

古田 それをちょっと勘違いされているんでね。

 

小杉 ハハハ(爆笑)

 

武井 うわ~厳しい。相手は18歳ですよ。

 

古田 うん(笑) だから、2軍から叩き上がってきてください(笑)

 

小杉 プロに来るってそういうことですよね。

 

古田 うん。プロで評価されるのはこういうことじゃないんだということをね。

 

武井 報徳学園で金村義明さんの後輩ですよね。

 

古田 金村さんの後輩はアカンけど、報徳学園だからね。いい学校ですからね。

 

一同 (笑)

 

 

以上です。

古田は高校日本代表の試合の解説でも小園選手の守備位置にイライラしてました。

おすすめの記事