達川光男がSB甲斐拓也との出会いを語る

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2018年12月にフジテレビONEで放送された『プロ野球ここだけの話』で福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也との出会いについて達川光男が里崎智也、フリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

アナ 達川さん、甲斐拓也との出会いについてお聞きしたいんですが。

達川 うん。

ここで甲斐が盗塁を刺す映像が流れる

達川 おぉ、いいフットワークしとるな、里崎。

里崎 キャッチングがいいですよね。捕るところが最高にいいですよね。

達川 うん。こいつスゴいな。ベンチからだから横から見てて、大したことないなと思っていたけど、大したことあるね。

アナ 甲斐との出会いはどうだったんですか?

達川 ちょうど細川が退団したり、鶴岡が衰えたり、高谷もいない状況だったんですよ。それで山下斐紹というキャッチャーがドラフト1位で、これはスゴいという評判でしたけど、肩がちょっと弱いんですね。

アナ はい。

達川 それで7人並べて、スローイングしてるのを見たら、スゴいのが一人おるんですよ。

アナ おっ。

達川 「何であの62番の子を使わんのや?」って言うたら「ちょっとねぇ ここがダメ あそこがダメ」って色々言うわけですよ。

アナ はい。

達川 だけど「これだけ肩がいいのはおらんぞ」と言って。

アナ うんうん。

達川 それでキャッチングはどうなのかって聞いたら「キャッチングもいまいちなんですよ」と。「じゃあ、キャッチングをとにかくやらせいや」と言ったら、毎日残ってマシーンを使って頭を使った練習している姿を見て「これはレギュラーになれるな」と思った。

アナ はい。

達川 何を頭使ってたかと言うと、マシーンのボールを普通のキャッチャーは普通に受けるんです。それをマシーンの投げるボールをインコースに合わせといて、それを真ん中に付近に寄せるようにキャッチングする練習をしとるんです。

アナ なるほど。

達川 他の奴はただ受けるだけなんです。「あれ?こいつってスゴい頭がいいな」と。それでキャッチャーで一番難しいのは、左ピッチャーのスライダーなんですよ。外にいくボールをストライクのコースにキャッチングしようとするから。

アナ はい。

達川 左のスライダーで手首が返ったら一級品ですよ。それが甲斐が出来ていた。「あっ、これはいいな」ということで、工藤監督やら、バッテリーコーチの清水やら、森作戦コーチと話し合いました。それで決まったのが、試合では一番いいピッチャー2人を受けさせようやと。それで千賀と東浜。千賀は真っ直ぐとフォークだから、どっちに投げても打たれんから。もう世界の千賀ですからね。

アナ はい(笑)

達川 それで東浜はコントロールがいいから、間違ったサインを出してもほとんど打たれないということで。

アナ なるほど。

達川 そういう方針でやっていったら一気に育ったんです。

以上です。

才能もあったんでしょうけど頭の方も良かったみたいです。