2019427日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で敗戦し、とうとう9連敗となった横浜DeNAベイスターズについて横浜OBの谷繁元信と平松政次がフリーアナウンサーの梅田淳と共に解説しています。

 



アナ DeNAがジャイアンツに敗れてまさかの9連敗。DeNAの浮上のポイントはどこになりますか?

 

谷繁 やっぱり打撃陣です。

 

アナ はい。

 

谷繁 チームとして打撃を売りにしているチームですからね。得点しなきゃいけない。でも、今年は得点圏で打てなさすぎてる。

 

打者得点圏打率
2番ソト.111
3番ロペス.313
4番筒香.333
5番宮崎.050

 

谷繁 今日も宮崎に3度の得点圏があったんですよね。

 

アナ えぇ。

 

谷繁 ソトも2度スコアリングポジションで回ってるんですけど凡退。ソトはソロしか打ててないんですよね。

 

アナ 何か上位打線が繋がれば復調が見えそうですが。

 

谷繁 そうですね。あとは打順も僕は考えるべきなんじゃないかなというとこに来てると思うんでね。明日以降、打順も考えていけば。ソトと宮崎が何とか得点圏で打ってくれるとチームも乗っていきますから。

 

ここから少し飛んで平松も一緒に語ります

 

アナ DeNA4年ぶりの9連敗。谷繁さん、先ほどは打順というお話もありました。

 

谷繁 そうですね。やっぱり打撃を売りにしているチームですから、何とか点数を取って優位にゲームを運んでいかなきゃいけないんですけど、そこがなかなかできないというところと、あとは中継ぎ以降でかなり安定していたと思うんですよ。

 

アナ はい。

 

谷繁 それが今は崩れていますよね。

 

アナ なるほど。平松さん、連戦でピッチャーが大変です。

 

平松 そうそう。DeNAは力がありますから。だから一つ投打のバランスが合ったら、5連勝、6連勝、7連勝する力は持ってますから。

 

アナ なるほど。

 

平松 今は何とか耐えて連敗を止めないとね。

 

 

以上です。

負のスパイラルにハマってますね。
おすすめの記事