2019512日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日のvs.広島カープ戦で2回終了後に横浜DeNAベイスターズの先発キャッチャー戸柱恭孝から伊藤光に交代したラミレス監督の采配についてヤクルトで監督をしていた真中満、元日ハムの岩本勉、元巨人の松本匡司がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



シーン

戸柱2回までに3盗塁⇒4失点⇒2回途中で交代
伊藤光3回に1盗塁⇒1失点


松本、真中、岩本が語る
 

松本、真中、岩本の解説

アナ DeNAはカープに敗れて3カード連続の負け越しです。

 

岩本 何か先発ピッチャーがフラフラしてんのかなあと思ったらラミレス監督はキャッチャーの交代を突然したんでビックリしたんですけど。

 

松本 そうですね。まあ一つは何とか流れを変えたいという、そういう雰囲気があったみたいですけど、やっぱり突然代えられるとピッチャーもキャッチャーもイヤですよね。

 

岩本 キャッチャーの悔しさはスゴいでしょうね。

 

松本 そうでしょうね。

 

岩本 ラミレス監督のコメントが入ってるみたいですね。

 

アナ はい。ラミレス監督は戸柱選手を代えたことについて「何かを変えないといけなかった」と語っていました。

 

岩本 恐らく記者の方も、戸柱選手だけを交代させたのは何故か、という質問をしたのでそういう回答になったんでしょうね。

 

アナ はい。

 

岩本 まあキャッチャーは扇の要のポジション。松本さん、キャッチャーを代えてチームの空気は変わるもんですかね?

 

松本 それもありますけど、盗塁で走られたというのはキャッチャーだけの責任じゃないんですよね。

 

真中 そうですよね。

 

松本 ピッチャーも含めての盗塁ですからね。そういったところもキチッとやっていかないといけないですよね。

 

真中 この交代で流れを変えたいというのも分かるんですけど、戸柱は色々と考えて考えて今日のスタメンマスクだったと思うんですよ。

 

岩本 うんうん。

 

真中 これを2回の時点で判断してしまうと、やっぱり戸柱自身も死んでしまいますし、ピッチャーの方も責任を感じるじゃないですか。

 

岩本 はい。

 

真中 ピッチャーは「僕の責任で代えられた」と。それで次のキャッチャーも気分的にイヤですよね。だから、その辺で考えるとこの試合だけで考えると流れを変える意味では良かったかもしれないですけど、トータルで考えると死んでしまう選手が多いですよね。

 

岩本 ラミレス監督の試合後に選手たちへのケアがどこまでやっているかも注目ですよね。

 

真中 そうですよね。

 

 

以上です。

負けが込むと監督は変な采配しがち。
おすすめの記事