2019514日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦でプロ初先発をし、3回途中KOとなった福岡ソフトバンクホークスの2年目・椎野新のピッチングについて広島で監督をしていた達川光男、横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



この日の椎野の投球内容

20/3 44被安打5 奪三振2 四死球3 失点5

今季01敗 防御率11.5(5/14の試合終了時点)

 

 

達川、大矢、野村弘樹の解説

アナ ソフトバンクの椎野新選手がプロ初先発でした。

 

野村 達川さん、この椎野は今日プロ初先発でしたけど、どんなピッチャーですか?

 

達川 ストレート、スライダー、フォークが持ち味なんですけど初回はうまくフォークを使ったりしてね。ストレートは145キロから、いい時には150キロぐらいは出たりするんですけどね。度胸もあるんですけど、今日はちょっと緊張しましたかね。

 

野村 なるほど。性格的にはどんなタイプですか?

 

達川 おっとりしたいい男ですよ()

 

一同 ()

 

野村 ただ、今日見ていると打たれているのは少し中に入っているボールですよね。やはり変化球は少し腕が緩みますかね?

 

達川 そうですね。短いイニングしか投げてないんで、初回で満足したような感じでしたね()

 

野村 はい。

 

達川 それと確かに変化球で腕が緩みます。

 

野村 大矢さんから見て、この椎野というピッチャーはどうでしたか?

 

大矢 まだ未完成ですよね。それで達川さんが「おっとりしたいい男だ」という言葉ありましたよね。

 

野村 はい()

 

大矢 これは褒め言葉じゃないだよ()

 

野村 そうですよね()

 

大矢 まだまだだよっていうこと。

 

野村 そういうことですね。遠回しで言って頂いたということですね。

 

 

以上です。

まだ2年目ですからね。
おすすめの記事