201977日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.広島カープ戦で先発し8回無失点の好投で2勝目をあげた阪神タイガースの高橋遥人について元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの谷岡慎一と共に語っています。

 



高橋のヒーローインタビューの一部

―久々の勝利

高橋 チームの勝ちに貢献できてすごく嬉しいです。

 

―今日の投球の自己採点は?

高橋 あっ、100点です。

 

 

谷沢の解説

この日の高橋の投球内容
8回114球 被安打4 奪三振9 四球0 失点0
今季2勝2敗 防御率1.80(7/7の試合終了時点)
得点圏わずか1回の快投!

 

アナ 阪神が完封リレーで広島に勝利。自己採点でも100点のピッチングだったと語っていましたが、今日は高橋遥人投手のピッチングに尽きますかね。

 

谷沢 はい。まずはストレートですよね。このストレートが今日は走っていましたね。初回の鈴木誠也に対してちょっと外目に投げて見逃し三振。

 

アナ はい。

 

谷沢 そして4回には西川に対してインコースのストレート。左バッターはあそこに手を出したらダメなんですけどね。

 

アナ そうですか。

 

谷沢 うん。そして會澤に対するインサイドに食い込むようなストレート。私もこのストレートは100点だと思うよ。

 

アナ おっ、そうですか。谷沢さんの見立てでも100点満点。

 

谷沢 うん。このストレートがあるからこそ、次のツーシームなんですよ。ツーシームも、フォーシームと同様にメジャーでは同じ系統のファストボールに分類されるんですよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 それでこの高橋のツーシームはスライダー気味に落ちていくんですよ。

 

アナ 軌道がそうですよね。

 

谷沢 135キロぐらいで、軌道がスライダー気味で落ちていくんですよね。だから、そのへんでバッターに合わないんですよね。だから、ピッチャーによってはツーシームというとシュートのイメージがあるんだけどね。

 

アナ そうですね。

 

谷沢 高橋はスライダー回転のツーシームを生かしていますよね。これも100点ですね。

 

アナ これも100点ですか。

 

谷沢 そうですね。

 

アナ さあ、これで阪神は3連勝。勢いに乗って甲子園で首位巨人を迎え撃ちます。

 

 

以上です。

スライダー気味に落ちるツーシームって初めて聞きました。
おすすめの記事