20191117日にTBSで放送された『S1』で野村克也がプレミア12の決勝戦。韓国との試合をぼやき解説しています。

 



試合開始

1回表 先発・山口が先頭をいきなり四球

野村 ストライクを入れるのにきゅうきゅうしてる。あんな球を投げているようじゃダメだ。

 

―続く2番に2ランを浴び先制される

野村 フォーク打たれたの?なんじゃそら。

 

1回からピッチャー交代はあり?

野村 あるある。危ない。

 

―更に4番にもソロホームランを浴び3失点

野村 フリーバッティングみたいな球だね。キレが悪い、コントロールが悪い。処置できないわ。ダメダメ。このピッチャー代えないと。

 

1回裏 日本は鈴木誠也のタイムリーで1点を返すし、山口は1回で降板し2回からは高橋礼が登板することに

 

2回裏に山田が3ランで逆転

野村 ハッハ。ランナーをためて一発。大きいよ。3ラン。

 

3回表 韓国は深いレフトフライから1塁走者が2塁へタッチアップするも近藤の好返球でアウト

野村 おうおうおうおう。バカな走塁。リードしてるならいいけど負けてるじゃん。レフトは2塁に走るランナーが見えていたのかな。いい球を返したね。

 

高橋礼は2回無失点で降板し4回から田口が登板することに

 

―ノムさんだったら継投する?

野村 何も代える必要はない。調子のいい選手をずっと投げさせる。韓国の選手は高橋に全然合ってないよ。もう1イニングは十分いけたと思うけど。

 

7回裏 浅村が貴重なタイムリーで1点追加

野村 これは貴重も貴重。浅村さまささだよ。

 

この後、日本は継投で逃げ切り5-3で日本が勝利し世界一に

 

 

試合後

―日本が世界一に

野村 おめでとう稲葉。よく頑張った。いいね。うれし涙。経験がないだけに心配していたけど、よく頑張ったね。

 

―稲葉監督に

野村 稲葉、大変だったと思うけど、よく頑張ったな。おめでとう。来年のオリンピックの金メダル期待してるよ。

 

 

以上です。

「稲葉監督で大丈夫か?」という声もこれで聞かなくなるでしょう。
おすすめの記事