2020210日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2020』で阪神タイガースの新外国人助っ人のジャスティン・ボーアについて元横浜の斎藤明雄、元ヤクルト広島の笘篠賢治、横浜で監督していた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



アナ 25日のシート打撃で伊藤和雄投手から逆方向にホームラン。阪神の新助っ人ボーア選手はあのバース選手の再来と言われているんですよね。持ち前のパワーを発揮していると思うんですが、明雄さんはどう見られましたか?

 

斎藤 まあ逆方向にホームランを打ちましたよね。ホームランを見たらバースの再来のように言えますけど、あとはシーズンに入って小さな変化にどうついていけるかだと思うんですよね。

 

アナ うーん。

 

斎藤 もうパワーは素晴らしい。そこはバースよりも上かもしれないです。

 

アナ 大矢さんはボーア選手について「いい選手だ」と高評価されているんですよね。

 

大矢 そうですね。逆方向にホームランを打った打席をたまたま画面で見ていたんですけど、体重移動が仕掛けにいかない、ゆったり構えた自然体というところがスゴく良かった。それと打ったカウントも3ボール1ストライクかフルカウントかどっちかだったんだけど、それまでのボールに対するタイミングの取り方というのがスゴく良かったんでね。

 

アナ はい。

 

大矢 この選手は結構やれるんじゃないかなと。それと左バッターというのがちょっといいなと思いました。あとは練習で素手で打ってるんだよね。これもなかなか面白いなと思って見てました。

 

アナ なるほど。苫篠さんはどうでしょう?

 

苫篠 体型とか打ち方は昔西武から阪神に移籍したブラゼル似ている。タイプ的に似てますよね。それとボールを運んで、角度を付けて遠くへ飛ばすという技術を完全に持ってるなと。そして逆方向にこれだけ飛ばせるというのは、甲子園と言ったら浜風でレフト方向が風に乗って飛びやすいわけですから、これだけ広角に打てて逆方向に遠くに飛ばせますからハマると面白いですよね。

 

アナ では阪神では大きな存在になりそうですね。

 

苫篠 阪神は外国人がポイントになりますからね。

 

 

以上です。

阪神に関わりのない解説者の分析は信用できる。
おすすめの記事