2020626日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で2本のホームランで勝利に貢献した広島カープの鈴木誠也について元中日の谷沢健一、元横浜の野村弘樹、元中日の立浪和義がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の鈴木の打撃内容
1打席目 レフトホームラン
2打席目 センターホームラン
3打席目 敬遠
4打席目 レフト前ヒット
5打席目 ショートゴロ
7試合 打率.462 本5 点9

 

アナ 大瀬良投手の完投で広島が中日に勝利しました。打線では4番の鈴木誠也選手がスゴいホームランでしたね。

 

野村 立浪さん、今日は2発も打ちました。

 

立浪 1本目のホームランはこれ結構難しいボールなんですよね。決して大野投手の失投ではないと思うんですけど。大野投手も立ち上がりは良かったんですけど、この一発で崩れましたよね。

 

野村 うんうん。

 

立浪 それで2本目なんて音を聞いてもらったら、スゴかったんですよね。打球もライナーで入ってますから、やっぱり今、状態が良いですね。しっかりとボールを呼び込んで、とにかくスイングのインパクトが強いですよね。

 

野村 打球音が他の選手とはちょっと違いますよね。

 

立浪 違いますね。他の選手と打球の速さも違いますね。

 

野村 うんうん。谷沢さん、今日は鈴木誠也が2本のホームランですけども、昨年よりも更に力強く感じるんですけど。

 

谷沢 うん。足を上げた時にね、そこからすぐに回転に入るんだよね。ピッチャーの方に突っ込んで来ない。

 

野村 はい。

 

谷沢 腰の位置がそのままでステップと同時に回転するというね。だからスイングがブレないですね。

 

野村 スイングがブレないということは、やっぱりポイントもブレないということですよね。

 

谷沢 そうそう。それでヘッドスピードが非常に強いですよね。

 

野村 はい。

 

谷沢 こういう4番、中日にも欲しいね()

 

 

以上です。

今年はかなりやりそうですね。毎年スゴいんですけど。
おすすめの記事