2020818日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で敗戦し、3連敗で3位転落となった東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム状態について元巨人の斎藤雅樹、中日で監督をしていた谷繁元信、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



アナ 日本ハムに敗れた楽天は引き分けを挟んで3連敗。なんと今シーズン初の3位転落となりました。

 

8/14 対西武 ● 8-13
8/15 対西武 △ 3-3
8/16 対西武 ● 1-11
8/18 対ハム ● 4-9

 

大久保 谷繁さん、これはどう思われますか?

 

谷繁 やっぱりピッチャーが崩れたからだと思うんですよね。

 

大久保 うーん。

 

谷繁 打線は何だかんだ言いながら、けっこう打ってますからね。

 

大久保 そうですね。

 

谷繁 それでも打線は水物というところがあるんでね。やっぱり問題はピッチャーだと思いますけどね。

 

大久保 今日投げた弓削なんかも抑える時はビシッと抑えるんですけどね。これからピッチャーをどうやって立て直しますかね?

 

谷繁 今日なんかだと無駄にピッチャーを使わないように、なるべく効率良く戦略を立てながらやってるんでね。

 

大久保 そうですね。

 

谷繁 ここから何とか持ち直していくしかないですよね。

 

大久保 うーん。雅樹さんは楽天のチーム状態をどう見てますか?

 

斎藤 やっぱり今までずーっといい感じでシーズンを過ごしてたと思うんですよね。

 

大久保 えぇ。

 

斎藤 それがちょっと歯車が狂い始めたというか、今は我慢のしどころというか、ここをしっかりと乗り切ればまたチームの状態も上がってくると思いますけどね。

 

大久保 そうですね。やっぱり首脳陣が慌てない事なんですよ。

 

アナ うーん。

 

大久保 首脳陣が慌ててバタバタし出して、選手を入れ替えたり、ちょっと連敗したら2軍から呼んだり、落としたりしてると、選手は「おいおい何を慌ててんだ」となりますからね。それ僕が監督時代にやってしまって選手に悟られたのを感じましたからね。

 

アナ そうなんですね。そして打線で心配なのがチームを引っ張っていた浅村選手が少し落ちてきています。

 

大久保 いやいや、浅村については十分にやってますから。あれ以上を求めるのは酷です()

 

アナ なるほど。まだまだこれからですね。

 

大久保 そうです。

 

 

以上です。

長いシーズンこんな時もありますね。
おすすめの記事