2020913日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で先発し、5回途中2失点だった中日ドラゴンズの吉見一起のピッチングについて元南海阪神の江本孟紀、元巨人の斎藤雅樹、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



この日の吉見の投球内容
4回1/3 80球 被安打6 奪三振2 四球1 失点2
2ヵ月ぶりの登板!

 

アナ 中日が横浜スタジアムで2年ぶりのカード勝ち越しです。

 

岩本 はい。今日の中日の先発がベテラン吉見。まあ、2勝とはならなかったんですけど、彼の持ち味が十分に出ているかなという感想を持ったんですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 13個のアウトのうち8個がゴロアウトで次の登板も非常に楽しみですね。

 

13アウトの内訳
ゴロアウト  8
フライアウト 3
三振     2

 

岩本 江本さん、ドラゴンズに吉見が必要だと思うんですけども。

 

江本 うーん。前よりも細くなりましたよね。体を相当絞ったんじゃないですかね。

 

岩本 はい。

 

江本 以前は体もボテっとして調子も悪かった。

 

岩本 なるほど。

 

江本 だけどえらい体が締まってるなと思ってね。

 

岩本 まあ、彼の生命線であるコントロールも今日は良かったと思うんですよね。

 

江本 それは持って生まれたモノでもあるし、自分の特徴だからね。今日投げていたスライダーなんかも吉見の得意のボールで良かったですよね。

 

岩本 はい。雅樹さんは吉見についてはどういう感想をお持ちですか?

 

斎藤 やっぱり相変わらずコントロールが良いなと思いますね。

 

岩本 はい。

 

斎藤 やっぱり彼はそこに一番の特徴がありますよね。

 

岩本 次は勝てる投球を期待したいですよね。

 

斎藤 そうですね。

 

アナ 2ヵ月ぶりの登板ということで「久しぶりの登板で楽しく投げられた」とコメントしていました。

 

岩本 ベテランだから言えるコメントですよね。若いピッチャーがマウンドに上がって「楽しく投げらた♪」なんて言うと、ドッチラケになる場合もあるんですよね。

 

アナ はい()

 

岩本 だからこれは難しい発言なんですよ。「楽しくプレーできた」とかその類いのワードは本当にデリケートなんですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 ベテランで実績のあるピッチャーだから認められるワードのチョイスですね。

 

アナ なるほど。

 

 

以上です。

イニングをもう少し投げられれば。
おすすめの記事