2021年3月31日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で北海道日本ハムファイターズの栗山監督が見せた早仕掛けの采配で見えた9回打ち切り制の野手起用の難しさについて元横浜の高木豊、元巨人の斎藤雅樹、ヤクルトでで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



アナ 豊さん、この試合で気になったポイントというのは?

 

高木 今年延長がないじゃないですか。

 

真中 そうですね。

 

高木 7回裏の日本ハムの攻撃で1アウト。中田翔がヒットで出塁するんですよね。そこで中田に代走を送るんですよ。早めにね。

 

状況1
7回裏 1対1の同点
1アウトから4番の中田翔がヒットで出塁。ここで中田に代走中島卓を起用。その後、満塁のチャンスも無得点。

 

真中 はい。

 

高木 これ9回にも中田に打順が回ってくる可能性があるのにな、と見てたんですよ。

 

状況2
9回裏 1対1の同点
先頭バッターは4番のところか始まるも中田はもういないので中島卓に代打樋口となる。その樋口は死球で出塁するものの代走が出されなかった。

 

高木 これは良い悪いじゃなくて、見ていて監督の勝負勘というものがスゴく要求される年になるんじゃないかと感じましたね。

 

真中 うんうん。そうですよね。ここは勝負を早めにするかしないか、という場面になりますよね。

 

高木 はい。真中さんなんかは監督の経験があるから気持ちも分かると思うんですけど。

 

真中 はい。

 

 

高木 9回打ち切りなんて今までないじゃないですか。

 

真中 そうですね。

 

高木 だから何が正解になりやすいのかというのも何も分からない状態だと思うんですよね。監督というのは勘に頼るというところもあると思うんですけど。

 

真中 はい。今日のシーンだと7回で同点で中田には9回に打順が回ってくる可能性も割とあるんですけど、7回に勝ち越しておけば、という考えで栗山監督は早めに動いたんですよね。

 

高木 そうだよね。

 

真中 仮に9回にチャンスが作りにくい状況になったとしても、栗山監督からすると7回に勝負をかけてのことなのでしょうがないのかなとは思いますけどね。

 

高木 これはしょうがないけどね。だから初先発の伊藤を勝たせてやれなかったということもあっての事なんでしょうね。

 

真中 そうでしょうね。雅樹さんはこの起用をどう見ますか?

 

斎藤 やっぱり監督が決める事ですからね。

 

真中 はい。

 

斎藤 逆に9回になると相手はいいピッチャーになってきますからね。早めに仕掛けるのも悪くない事ですよね。

 

真中 そうですよね。点数も取りづらくなりますからね。

 

斎藤 そうですね。

 

真中 これは栗山監督の采配がどうこうではなくて、今後戦っていく上で9回打ち切り制によって色々と今までにない采配が見れるかもしれませんね。

 

アナ 勝負をするポイントが注目になるかもしれませんね。

 

真中 そうですね。

 

 

以上です。

監督の勝負勘が冴えるか冴えないか。
おすすめの記事