2021年6月10日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で3安打を放ち今季2度目の猛打賞で勝利に貢献した埼玉西武ライオンズの岸潤一郎について元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信、楽天で監督をしていた田尾安志がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



岸のヒーローインタビューの一部

 今日は内海さんが投げるという事で、どうにかして内海さんに勝ちを付けたいという気持ちで打ちました。

 

 

岸を語る

この日の岸の打撃内容
1打席目 センターホームラン
2打席目 センター前ヒット
3打席目 サード内野安打
4打席目 ピッチャー併殺打
5打席目 空振り三振
24試合 打率.280 本塁打3 打点5(6/10時点)
若林離脱後に穴を埋める活躍!

 

岸の話題の前にDeNAバッテリーに対する課題を上げてから話が始まりました。

 

高木 DeNAバッテリーのプラン、初回の先頭で真っ直ぐを打たれて衝撃を与えたのが岸でした。

 

アナ 本当に連日活躍していますね。

 

高木 若林が怪我をしたら岸が出て来ました。谷繁さん、岸はどうですか?

 

谷繁 いいですね。なんか西武ってドンドン若手が出て来るんですよね。

 

高木 出て来ますね。

 

谷繁 それもしっかり振ってるんですよね。

 

高木 そうですね。田尾さん、昨日(6/9)は山田とか愛斗とかが活躍して引き分けに持ち込んで、今日は岸の活躍で勝利。

 

田尾 スゴいですよね。やっぱり谷繁さんが言われたように、このチームは全員がしっかりと振るんですよね。

 

高木 そうですよねぇ。

 

田尾 先輩が振ってるし「三振なんか気にしなくていいよ」っていう雰囲気がチームにあるんですよ。

 

高木 そうですね(笑)

 

田尾 そういうチームカラーがありますよね。

 

高木 でもバッティングの基本というのはしっかり振るという事ですよね。

 

田尾 振るという事は結局、ミートポイントにボールをしっかりと呼び込めないと振れないですからね。

 

高木 ですよね。

 

田尾 だからいいスイングになることが多いですよね。

 

アナ チームの雰囲気が野手としてはやりやすいんですね。

 

高木 そうですね。

 

 

以上です。

また新しい野手が出てきました。
おすすめの記事