2021年8月17日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦でチームは負けたものの特大の一発を放った千葉ロッテマリーンズの藤原恭大について元中日の谷沢健一、元ヤクルト広島の笘篠賢治、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の藤原の打撃内容
1打席目 ライトフライ
2打席目 空振り三振
3打席目 ライトホームラン
4打席目 フォアボール
シーズン打率.262(8/17の試合終了時点)
特大ホームランで10試合連続安打!

 

アナ 谷沢さん、敗れたロッテについてはどうですか?

 

谷沢 ロッテはしつこいバッティングをチームとして徹底的にやったりしてますけど、ここに来て急に伸びたきたこの藤原ですよね。

 

大久保 なるほど。

 

谷沢 藤原に長打力も付いてきたしね。

 

大久保 えぇ。

 

谷沢 今日のホームランは背筋力の強さが見えますよね。だけど、こういうバッターが2番にいるのは打線の繋がりが良くなりますよね。まだまだCSに向けて諦めることなく、付いて行くぞというね。

 

大久保 はい。苫篠さんは藤原についてはどうですか?

 

苫篠 1番荻野、2番藤原という形ができると、今ちょっと出遅れてるマーティンに主軸を打たせるとなると、更に迫力のある打線になりますよね。この若い選手の活躍というのはチームに活気をもたらしますからね。

 

大久保 そうですね。

 

苫篠 また彼の顔を見ると、ストイックさを感じてそれがまたいいですよね。

 

大久保 みんなヤンチャっぽいけど、スコアラーとバッティングコーチがいて、ちゃんと若手が結果を出すべくして出してるから、これは楽しみですよ。

 

 

以上です。

顔つきがキリッとしてますよね。
おすすめの記事