2021年8月31日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で敗れて今季ワーストの4連敗となった阪神タイガース。スタメン落ちしている大山悠輔と佐藤輝明の起用について元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



今季の大山と佐藤
大山 打率.237 本塁打14 打点49
佐藤 打率.260 本塁打23 打点60
佐藤は26打数ノーヒット継続中・・・

 

アナ 阪神は中日敗れました。一度は5点差を追い付き粘りを見せましたが、今シーズンワーストの4連敗です。

 

大久保 打線は2桁安打してますけどねぇ。里崎さん、これはやっぱり打線の要と考えられてきた大山と佐藤の不振ですけど、どう見ますか?

 

里崎 ヤクルトの5番オスナが18打席ノーヒットでも出続けると思うんですけど、その例を考えたら、もう試合に出さないと復調もしないんで。

 

大久保 確かにね。

 

里崎 それで今日は2人とも代打で出て、両者ともに三振しましたけど、そもそも代打で打つことがめちゃくちゃ難しいじゃないですか。

 

大久保 そういう事ですね。

 

里崎 そういうのを考えたら、ここまで良いときには佐藤大山が打って勝った時もあったんで、ここは2人ともスタメンに出し続けて勝負するのもひとつの手かなと僕は思いますけどね。

 

大久保 そうなんですよね。

 

高木 俺はファームに落とせばいいと思う。

 

大久保 10日間。

 

高木 うん。10日間我慢して。

 

大久保 はい。

 

高木 やっぱり持ち場があるじゃない。里崎も言ったように、代打は代打でちゃんと駒がいるから。打てないからベンチにいるわけで。それで代打で打てるかと言ったら余計に難しいよ。

 

大久保 そうですねぇ。

 

 

以上です。

代打で使っても打てそうにない。
おすすめの記事