2021年9月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.オリックスバファローズ戦でプロ2度目の完封勝利を飾った埼玉西武ライオンズの今井達也のピッチングについて元南海阪神の江本孟紀と中日で監督をしていた谷繁元信がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



今井のヒーローインタビューの一部

今井 後半が始まってから不甲斐ないピッチングがずっと続いていたので、本当にこの試合に懸けてというか、はい。もう初回から全力で、「途中でバテてもいい」と森さんに言われていたので良かったと思います。まだまだ試合が残っているので、若い先発陣にで引っ張っていければなと思います。

 

 

今井を語る

この日の今井の投球内容
9回142球 被安打3 奪三振13 四球4 失点0
今季7勝5敗 防御率3.44(9/11の試合終了時点)
プロ2度目の完封勝利!

 

アナ 今井が西武の連敗を止めてオリックスに勝利しました。谷繁さん、今日は何と言っても今井に尽きますね。

 

谷繁 今日は良かったですよ。僕が見た感じではフォームが以前よりもコンパクトになったような感じがするんですね。

 

 

アナ うんうん。

 

谷繁 それでコンパクトになってるんですけど、下半身でちゃんとボールを持っていって、なるべく球放れを遅くして、バッターの近くでリリースしようとしていたんですよね。だからストレートにも力がありましたし、スライダーのキレがスゴく良かったですね。

 

アナ それにしても2年ぶりの完封勝利で、もっと完封しててもいいんじゃないかというぐらいの投手ですかね。

 

谷繁 そうですね。なかなか周りが考えているほど伸びてないピッチャーだと思います。

 

アナ うんうん。

 

谷繁 だからもっとやれる力があるピッチャーだと思いますね。

 

アナ そうですか。江本さん、今井は江本さんが好きそうなスタイルですよね。

 

江本 まあ、二重アゴじゃないしね。

 

アナ 割とシュッとしたスタイルをしてますしね。

 

江本 9回を投げようと思ったら二重アゴではダメです。

 

アナ なるほど(笑)

 

江本 まあ、今日のピッチングを見ても投げた後に体がヨレないじゃないですか。やっぱり安定してましたね。

 

 

以上です。

やはり持ってる能力が高い。
おすすめの記事