2018年7月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦でホームランを放ち7月に入ってから打ちまくっている横浜DeNAベイスターズの桑原将志について横浜で監督をしていた大矢明彦、元中日の谷沢健一、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【この日の桑原の打撃内容】

1打席目 センターフライ

2打席目 空振り三振

3打席目 センターホームラン

4打席目 見逃し三振

シーズン打率.274 (7/11の試合終了時点)

 

 

野村 桑原!

 

稲村 はい。

 

野村 この7月に入って絶好調なんですよ。

 

稲村 打ちますねぇ。

 

野村 2017年も7月に月間MVPを獲っているんですけど。

 

稲村 はい。

 

野村 大矢さん、彼が1番にどっかりと座るとDeNA打線も落ち着くと思うんですけども。

 

大矢 そうですね。でも、春先がいっつも悪いんだよねぇ。

 

野村 そうですよ。4月、5月に苦しんでいるんですよね。

 

大矢 うん。いいバッターなんで本当に1番で打ってくれるといいんだけどなあ。

 

野村 はい。谷沢さん、7月はいいんですけど、2017年も4月と5月に打てないんですよ。

 

谷沢 うん。

 

野村 これは何か原因とまでは言いませんけど、調整方法も含めて体のキレだとか色んなことがあると思うんです。

 

谷沢 うん。

 

野村 谷沢さんはバッターから見てどういうふうにこれを見ますか?

 

谷沢 調整の仕方がまず悪いんじゃないの。

 

野村 要するに開幕での入りってことですよね。

 

谷沢 そう。入るときの調整の仕方が、やっぱり追い込んでないんですよ。

 

野村 なるほど。

 

谷沢 えぇ。走ることも振ることもね。だから、神里にレギュラーを奪われるんですよね。

 

野村 はい。

 

谷沢 だから、やっと気が付いてきている。でも、彼は我慢強いから、忍耐強いから、これからいい成績をあげられると思うよ。

 

稲村 明るい話題ですよね。

 

野村 うん。

 

【2017年と2018年の桑原の7月の成績】

2017年 21試合 打率.389 (90-35) 本塁打6、打点14

2018年 8試合  打率.452 (31-14) 本塁打2 打点5

2017年は月間MVP、2018年は7月11日の試合終了時点

 

 

以上です。

夏場に調子を上げてくる選手がいると助かりますけど、開幕からスランプに陥る選手というのはちょとダメですね。いいテーマで話していると思ったんですけど、谷沢の話があまりに内容が薄かった。

おすすめの記事