2018年7月24日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs,日ハム戦でプロ初ホームランが試合を決める劇的なサヨナラホームランとなった東北楽天ゴールデンイーグルスの山下斐紹について元横浜の高木豊、横浜で監督をしていた大矢明彦、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の山下の打撃内容(途中出場)

1打席目 空振り三振

2打席目 ライトホームラン

打率.233 (7/24の試合終了時点)

 

 

【山下のヒーローインタビューの一部】

山下 8年目なんですけど、初ホームランがこの同点の場面のサヨナラホームランということでスゴく嬉しいです。ホークスではトレード相手だった西田さんが楽天戦でスゴいホームランを打っていたんで、ファンの方は「何でこいつが来たんだ」と思うかもしれなかったので、今日は本当に打てて良かったです。

 

 

アナ 今日は凄い試合でした。

 

高木 スタジオに来るまでに楽天は1アウト満塁でピンチを迎えていたんですよね。(※この番組は23時に放送開始で、この試合は5時間7分のゲームでした)

 

アナ そうですね。

 

高木 どっちが勝ったと思いました?

 

アナ 正直、日本ハムが勝ったと思いました。

 

高木 だよね。デーブさん、僕もその時に一緒にスタジオに来ているからそう思ってたんだけど、楽天が勝ったんだね(笑)

 

大久保 ですね(笑)

 

高木 山下。

 

大久保 うん。

 

高木 いいバッティングしていますよね。

 

大久保 最高ですよね。これ山下がキャッチャーで8番とかに入ったら、たいがい怖い打線になりますよね。

 

高木 打つよね。

 

大久保 左のアマダーみたいな。

 

高木 でも、いいトレードをしましたね。

 

大久保 そうですね。西田も活躍していますしね。

 

高木 そうそう。大矢さん、お互いが意識し合って山下がサヨナラホームラン。西田もホームランを打っているし、いいトレードになりましたよね。

 

大矢 そうですね。まあ、同一リーグでのトレードって難しいところがあるんだけど、お互いに行った先で働いてくれると嬉しいですね。

 

高木 山下は嬉しいホームランになりましたね。

 

アナ 素晴らしい活躍でした。

 

 

以上です。

いいトレードの例がいくつもあるし、もっとトレードが活発になってほしいですね。NPBはもっと人の動きを流動化した方が面白いと思うんですけどね。

おすすめの記事