2018年8月28日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で1番起用で大活躍の広島カープの野間峻祥と6番の田中広輔について元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの松元真一郎、堤友香と共に語っています。

 



【この日の野間の打撃内容】

1打席目 四球

2打席目 レフト前ヒット

3打席目 ライト2塁打 (打点1)

4打席目 センター前ヒット

5打席目 セカンドゴロ

6打席目 サードゴロ

盗塁2 得点2

 

 

最初は真中とアナウンサーだけで語ります

 

アナ 今日は打ちも打ったりというカープ打線でしたが注目は?

 

真中 今日は野間ですね。

 

アナ はい。

 

真中 1番に入ってから非常にいい働きをしますよね。今日も3安打とヒットを打っているんですけど、初回のフォアボールですよね。内海の立ち上がりでしっかりとフォアボールを選んで、1番の仕事をしっかりとこなしています。

 

アナ はい。

 

真中 そして盗塁ですよね。今日も2盗塁でしたけども、素晴らしい1番バッターですよね。

 

野間峻祥 1番出場時(8/28の試合終了時点)

8試合 5度の初回出塁 初回得点4

 

 

アナ 1番出場時は8試合ですけど。

 

真中 初回に野間が出塁して得点するというケースが非常に増えましたので、いい展開になっていますね。この野間の1番起用。

 

アナ まあ、丸が怪我の時もこの野間が埋めたんですよね。

 

真中 そうですね。丸が故障のときは野間がセンターに入って、田中のバッティングの調子が悪くなってきたら1番に野間を起用すると。

 

アナ はい。

 

真中 チームが苦しいときに野間が非常にいい仕事をしてチームを救っているというね。そんな野間の活躍ぶりですよね。見事ですね。

 

 

ここから高木豊と一緒に語ります

 

 

アナ 真中さんから野間選手の話がありましたけども、1番を外れた6番の田中選手もちょっと調子が戻りつつあるかなと。

 

高木 そうですね。映像を見てても、1番と6番が活躍しているという。

 

真中 そうですね。もちろん1番の野間もいいんですけど、1番を外された田中が6番とか7番の下位打線に入っていますよね。これは刺激になりますよね。

 

高木 刺激を狙っている。

 

真中 まあ、最初は恐らく田中の気持ちを楽にさせるために下位打線に置いて、少し気楽な感じでやらせようという考えだったんでしょうけど、そこに入った1番の野間が緒方監督の予想以上に機能しているので、いい状態なので無理に戻すこともありませんから。

 

高木 そうですね。

 

真中 ですから、野間がそのまま1番のまま起用されている。

 

高木 もうタナキクマルという看板みたいなのがあるじゃないですか。

 

真中 はい。

 

高木 その看板を下ろすというのは非常に勇気がいるでしょ?

 

真中 まあ、周りのファンも分かっている中で打順をいじるというのはね。まあ、菊池のときも2番から思い切って下位に置いたりとかして、今年は菊池と田中の状態がそこまでじゃなかったので、色んなことを考えながら緒方監督が選手を鼓舞しているように見えますよね。

 

8月28日の試合終了時点の野間と田中の成績

打率出塁率得点圏打率得点盗塁
野間.302.359.2874716
田中.260.364.2477520

 

 

以上です。

野間が本格化してきたかもしれません。

おすすめの記事