2019年2月4日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で東北楽天ゴールデンイーグルスのオフの補強による戦力アップについて横浜で監督をしていた大矢明彦、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



大矢 デーブさん、今年の楽天は戦力アップしてますね。

 

大久保 たいがいアップしてますね。だから、これで勝てないとなるとちょっと不思議なぐらい。Aクラスには必ず入る戦力です。

 

大矢 うん。

 

谷沢 監督次第。

 

大久保 あれだけ集めてくれてダメなら監督のせいですよね。

 

大矢 うん。それと則本の顔つきがスゴく変わってきてるよね。今年こそっていうのが伝わってくるね。

 

大久保 そうですね。則本は肘の状態がいいと、投げたがりだから投げるんですよ。だから、今年よく投げ込んでるのは肘の状態がいいですね。

 

大矢 なるほど。

 

大久保 それが肘に不安があると、投げたがらなくなる。それはこっちが判断してあげなくちゃいけない。

 

大矢 はい。

 

大久保 食事に連れて行って、酒を一滴も飲まない時はあんま良くないんですよ。

 

大矢 なるほど。

 

大久保 多少でもビールを飲んでくれないかなっていうのがみんな心配してたみたいです。僕もそうでした。

 

大矢 なるほどね。

 

谷沢 あとは浅村がどうかな。西武という強いチームからやって来て、そして今は沈んでいる楽天に入って。

 

大矢 デーブさん、去年ぐらいの成績でやるのはやるとは思うんですよね。

 

大久保 そうですね。だから、あと強いチームは何かと言ったら、簡単に言えば1アウトランナー2塁でも3塁を何とかして取ろうとする走塁とか、守備の場合だと3塁に行かせないようにするとかで。やっぱり弱いチームって、なかなかそういう事をしないのを見ると、浅村が「このチームは大丈夫か?」ってなんないようにチームを底上げしておかないと。浅村もガッカリしないようにしてほしいですよね。

 

大矢 うんうん。

 

谷沢 まあ、西武の野球を楽天に持ち込んでほしいよね。岸のようにね。

 

大久保 そうですね。

 

大矢 逆に浅村が孤軍奮闘にならないようにしないといけないよね。

 

大久保 確かに。

 

谷沢 孤軍奮闘にならないようにするには?

 

大矢 周りの選手も頑張る。

 

谷沢 なるほど。

 

大矢 それを浅村が引っ張っていくようなチーム状態でにする。

 

谷沢 去年の田中和基とかの活躍だね。

 

大矢 そうそう。

 

 

以上です。

戦力は整ってきていますね。

おすすめの記事