2019年2月9日に日本テレビで放送された『Going Sports & News』で阪神タイガースの藤浪晋太郎が赤星憲広にインタビューされています。復活への手応えを語っています。

 



赤星が復活を確信した投球

赤星 去年この投球を見て「あっ、大丈夫だな」と思った投球があったんですよ。

 

藤浪 はい。

 

赤星 どのシーンか分かりますか?

 

藤浪 ざっくり・・・中日戦ですか?

 

赤星 おぉぉ・・・。

 

藤浪 何ですかね。福田選手の見逃し三振ですか?

 

赤星 おぉぉぉ(驚き) 出ちゃったよ、答えが(笑)

 

その場面とは2018年9月29日の中日戦で福田への投じた外角いっぱいの153キロストレート。

 

藤浪 本当にバランスが良かったんですよね。

 

赤星 そこなんですよ。僕は福田選手の三振の時だけ、投げ終わった後にずっと左足で立ってるんですよ。

 

赤星 体重がきれいに乗った感触があったのかなという。

 

藤浪 はい。

 

赤星 それを見た時に「もう大丈夫だ」と。

 

藤浪 あの投球はきれいですよね。投げ終わりも。その映像が思い浮かぶくらいなので良かったんだなと自分でも思っています。

 

赤星 うん。

 

藤浪 躍動感が出て、左足に乗っていける感覚もあるんで。そこが出てるのはいいと思っています。

 

 

仕上がりの良さ

赤星 復調してきている理由を教えてください。

 

藤浪 胸がグーっと開くようになって本来の自分のしなり、タイミングで投げられるようになっているのかなと思います。

 

赤星 どういうトレーニングをしてる?

 

藤浪 手と手を合わせてグーっと胸を開く。可動域を広げる。

 

赤星 おぉ。どんな効果がある?

 

藤浪 手を合わせた力で胸を伸ばす。

 

赤星 胸を伸ばす。なるほど。

 

藤浪 胸が硬いと。このままなのでパタンといってしまう。

 

赤星 はい。胸が開かないということですね。

 

藤浪 そうですね。胸を開いて。

 

藤浪 ガバッと胸を張って投げる。

 

赤星 分かりやすい。

 

藤浪 胸がしなった分、ちょっと遅れて出てくるんでリリースのタイミングが合うっていうのがあります。

 

赤星 なるほど。

 

 

2019年の意気込み

赤星 今まで苦しんだ分、一気にね。

 

藤浪 そうですね。取り返してやりたい。

 

赤星 藤浪選手が15勝したら優勝ですよ。

 

藤浪 頑張ります。

 

赤星 そこを目指して頑張ってください。

 

藤浪 はい。頑張ります。

 

 

以上です。

手応えがかなりあるようです。

おすすめの記事