201956日にフジテレビONEで放送された『プロ野球2019』でこの日の福岡ソフトバンクホークスVSオリックスバファローズの試合で1回裏に起こったソフトバンクの好走塁とオリックスの守備の乱れについて元中日の谷沢健一、元横浜の平松政次、元阪神の江本孟紀がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



シーン

初回に1番川島が2塁打、2番周東がセーフティー気味の送りバントでアルバースが1塁に悪送球で1塁セーフ。これでノーアウト1-3塁。次に1塁ランナーの周東はけん制で挟まれて1塁と2塁の間での挟殺プレーとなり、この間に3塁ランナーの川島がホームへ突入しセーフとなり1点を先制する。

 

 

谷沢、平松、江本の解説

アナ ソフトバンクが序盤に勝負を決めて首位をがっちりキープとなりました。

 

谷沢 まあ初回に6点、2回に3点。そういう意味では序盤で勝負が決まりましたね。

 

アナ そうですね。

 

谷沢 そして松田とグラシアルが連続ホームラン。更にデスパイネの調子が戻ってきた。

 

アナ はい。

 

谷沢 そういう中で初回に川島慶三が2ベースヒットを打って、その後に周東がセーフティーバントをするんですけど、オリックスのアルバースのファーストへの送球が高くて1塁セーフ。記録はヒットになるんですけど、これはもうエラーですよね。江本さん、ノーアウト1-3塁、バッター今宮で1ボール2ストライクの場面で1塁ランナーの周東がけん制で挟まれるんですよ。挟まれている間に川島がホームに滑り込み1点先制。

 

江本 なるほどね。

 

谷沢 ソフトバンクの攻撃には隙がないよね。

 

江本 まあソフトバンクはこういう積極的な気持ちをどんどん持っているわけでしょ。

 

谷沢 えぇ。

 

江本 だからこういう場面での動きが非常に早いよね。

 

谷沢 うん。早い。

 

江本 それとオリックスのランダウンプレーが下手やもん。

 

谷沢 フフッ()

 

江本 あそこはセカンドの奴がファーストに投げるのが早すぎたね。

 

谷沢 うん。平松さん、あの場面でT-岡田がホームへ投げるのが逆モーションなんだよね。

 

平松 そうなんだよね。そういうのも川島なんかは狙っていたんじゃないですかね。

 

谷沢 狙ってるね。

 

アナ その一つのプレーでの差がね。

 

谷沢 このプレーで勝敗が決まりましたね。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

ソフトバンクの好走塁とオリックスの拙守でした。

おすすめの記事