2019829日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs東京ヤクルトスワローズ戦で猛打賞の活躍の横浜DeNAベイスターズの柴田竜拓について、そして中継ぎ再転向となった石田健大について元横浜の平松政次、元中日の谷沢健一、楽天で監督をしていたデーブ大久保がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



柴田について

この日の柴田の打撃内容
1打席目 ライト2塁打
2打席目 ライトフライ
3打席目 ライト前ヒット(打点2)
4打席目 ライト2塁打
シーズン打率.237(8/29の試合終了時点)
今季2度目の猛打賞!

 

稲村 DeNAがヤクルトに逆転勝ちでチームは4連勝で勢いがありますね。

 

大久保 ありますねぇ。谷沢さん、柴田が猛打賞でものすごい成長ですねぇ。

 

谷沢 うん。守備にちょっとミスはありましたけどね。ただ、バッティングにおいてはインサイドのボールに負けない、差し込まれても打ち返せる力を付けてきてますね。

 

大久保 技術的には何がいいんですかね?

 

谷沢 やはり追い込まれてもストレートと変化球を半々で待てるような、そんな待ち方ができる。それができるようになったのはゲームに数多く出てるからそういうものが身に付いてきてるね。

 

大久保 なるほど。

 

 

石田について

この日の石田の投球内容
1回2/3 25球 被安打2 奪三振1 四球1
ピンチをしのぎ4勝目!

 

稲村 そして石田投手が今日から再びリリーフに配置転換されましたね。

 

大久保 そうですね。平松さん、これは石田を配置転換して、7回表に荒木を申告敬遠して1アウト満塁になって青木をゲッツーに仕留めました。これどうですか?

 

平松 荒木はヤクルトの代打の切り札ですから、それで次のバッターが青木で左バッター。左対左なら石田が抑えてくれるだろうと。

 

大久保 はい。

 

平松 というところでひとつの賭けをしましたね。そこで見事に期待に応えてゲッツー。やっぱり石田も今年は先発をやってたんで力は持ってますからね。

 

大久保 そうですね。

 

平松 その力を買って、こういう厳しいところに勝負させて当たりましたね。

 

大久保 なるほど。谷沢さん、青木はもう名球会員じゃないですか。

 

谷沢 はい。

 

大久保 それで荒木はいいバッターだけど、目の前で敬遠されました。

 

谷沢 やっぱり悔しいよね。

 

大久保 この野郎ってなりますよね。

 

谷沢 発奮材料になりますよね。

 

大久保 そこを抑えた石田は見事でしたね。

 

谷沢 うん。徹底してアウトコース低めに集中しましたよね。ストレートといいスライダーといいね。

 

大久保 なるほど。

 

 

以上です。

選手層が厚くなってます。
おすすめの記事