202085日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で3打点1ホームランと大暴れの横浜DeNAベイスターズの佐野恵太について元横浜の斎藤明雄、元中日の谷沢健一、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



この日の佐野の打撃内容
1打席目 フォアボール
2打席目 ライト前ヒット(打点1)
3打席目 ライト2塁打(打点1)
4打席目 センターフライ
5打席目 センターホームラン(打点1)
シーズン打率.353(8/5の試合終了時点)
打率リーグトップ!

 

アナ DeNAが中日に快勝。ラミレス監督は通算300勝のメモリアル勝利となりました。

 

真中 ラミレス監督は4番に若い佐野を置いて、解説陣のみんなが佐野で大丈夫かと心配してたんですよね。谷沢さん、この活躍は素晴らしいですね。

 

谷沢 私も佐野で本当に4番いけるのかなと。

 

真中 正直ちょっと不安がありましたよね。

 

谷沢 それで筒香の代役になれるのかなと。それで佐野のバッティングを見ると、非常に脇が閉まっていて、ピッチャーの方に突っ込んで行かないよね。

 

真中 しっかりとしたスイングをしてるということですよね。

 

谷沢 それで背筋が反るようにしてボールを捉えてる。だから下半身も上体も一緒になって打ててるよね。

 

真中 そうですね。明雄さん、佐野はラミレス監督の4番抜擢の期待に応えてますよね。

 

斎藤 キャンプからその構想を言っていて、本当に心配したんですけど、開幕から繋ぎの4番みたいになっていて、ホームランを打ってからは大きいのも打てるようになっているし、谷沢さんが言われたように体に近いポイントでボールを捉えて回転で打ってるので、そう簡単に三振はしないですよね。

 

真中 これからも楽しみですね。そして今日は中日の変則左腕の浜田の時にインハイに抜け気味の厳しいボールが来てたんですけど、この球が来ると踏み込みが甘くなったりするもんですけど、この打席でホームランを打ってるんですよね。

 

谷沢 今のインハイのボールもキャッチャーの方に上手く回転して避けてるでしょ。あれはポイントが近いからできるんですよ。

 

真中 なるほど。

 

谷沢 あれを打ちに行ってたら当たってますよ。

 

真中 はい。

 

谷沢 後ろの肩が出て行ってたら当たってますよ。

 

真中 それで左右の打率を見ると左は385厘です。

 

佐野の左右別の打率(8/5の試合終了時点)
対右投手 率.337(101-34) 本4 点18
対左投手 率.385(52-20) 本2 点7

 

谷沢 4番だね!

 

真中 仕事してますね。

 

 

以上です。

立派な4番になってきましたね。
おすすめの記事