2021年8月25日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で先制ホームランを打った千葉ロッテマリーンズの藤原恭大と勝ち越しホームランを打った山口航輝について元巨人の斎藤雅樹、元阪神ダイエーの池田親興、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



アナ 藤原選手、山口選手の同期コンビがホームランを打ってロッテが日本ハムに勝利しました。

 

真中 若い2人が3年目ですからね。本当にスゴい活躍です。まずは山口です。

 

この日の山口の打撃内容
1打席目 空振り三振
2打席目 サードゴロ
3打席目 センターホームラン(打点2)
4打席目 フォアボール
今 季 打率.192 本塁打6
後半戦 打率.286 本塁打2
勝ち越しホームラン!

 

真中 雅樹さん、非常にパワーのある山口ですけども。

 

斎藤 最近は各球団で若い選手がスゴく出てきてるなという感じがしますよね。

 

真中 そうですよね。

 

斎藤 そんな中で同級生で切磋琢磨しながらやってるのが見えますよね。

 

真中 はい。池田さん、凄いホームランでした。先週のホームランでもライナー性でバックスクリーンで放り込んだのもありました。

 

池田 小力があるというか。少し差し込まれ気味かなというところから、スイングが速いんで、けっこう体にポイントを近付けて振れる選手だなというところですよね。

 

真中 はい。

 

池田 インサイドも捌きますし、こういった力を付けていくと、首脳陣からすると楽しみな選手が出てきましたよね。

 

真中 いつか定着したら怖いバッターになるんでしょうね。

 

池田 そうですね。

 

真中 そして藤原です。

 

 

この日の藤原の打撃内容
1打席目 キャッチャーフライ
2打席目 サードゴロ
3打席目 ライトホームラン(打点2)
4打席目 ライト前ヒット(打点1)
5打席目 センター前ヒット
今 季 打率.288 本塁打5
後半戦 打率.366 本塁打3
同点ホームラン!

 

真中 マーティンがいないんで2番に入る事が多いんですけど、力を付けてきましたね、雅樹さん。

 

斎藤 そうですね。昨年もシーズン途中から出てきて、自分の役割が分かってきたかなという感じがしますけどね。

 

真中 ちょっとスイングも力強くなってきた感じがしますよね。

 

斎藤 そうですね。

 

真中 池田さんは藤原をどう見てますか?

 

池田 今年は前半ちょっと調子が良くなくて、一度ファームに落ちて、それから出直してから、けっこう右足が踏み込むんですけど、それで反動を使って強いバッティングが出来るようになってきた感じが強くなってきてますよね。だから地面からの反動を使ってグッと回ってね。これだけ強く振ってたっけ?ってうぐらいですよね。

 

真中 そうなんですよね。今日の一発なんかはかなり強く振ってるなという感じに見えたんですよね。

 

池田 それでファームから帰って来てからは柔らかく打つのも上手くなってるんで成功率も上がってくるんじゃないですかね。

 

真中 そうですね。これマーティンが戻って来たらどうなりますかね?(笑)

 

池田 これはややこしいですよ(笑)

 

真中 さすがにマーティンは外さないと思うんでね。

 

池田 そうですね。競争が凄いですよ。

 

アナ 試合後に井口監督が「若い選手がどんどん試合をする度に成長するとチームも上に上がって行く」と打線への手応えを感じたと。

 

真中 はい。

 

 

以上です。

これからかなり活躍しそうな2人です。
おすすめの記事