2021年9月23日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で今季初のセーブ失敗となった阪神タイガースの守護神・スアレスについて元横浜の高木豊、元巨人の斎藤雅樹、元横浜の斎藤明雄がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



この日のスアレスの投球内容
1回18球 被安打4 奪三振0 四球1 失点2
今季1勝1敗 防御率1.49(9/23の試合終了時点)
今季初のセーブ失敗・・・も負けなくて良かった

 

アナ 阪神は抑えのスアレス投手が捕まり中日と引き分けとなりました。今シーズン初のセーブ失敗です。

 

高木 初の失敗。雅樹さん、ちょっと疲れですかね?

 

雅樹 そうですよね。でも今日のケースだったら、負けなくて良かったなという展開でしたよね。

 

高木 まあ、福留に打たれたレフト線の長打もボールがフェンスの隙間に挟まってツイてるという事ですよね。

 

雅樹 そうだと思います。

 

高木 これクッション処理で下手したら1塁ランナーが生還してサヨナラ負けでしたからね。

 

雅樹 そう考えれば、まだツイてるのかなという感じがしますよね。

 

高木 そういう考え方ができますよね。明雄さんはどう見られましたか?

 

明雄 雅樹さんが言われたように負けなくて良かったなというところですよね。リリーフピッチャーというのはたまにこういう事があります。でも一番良かったのはチームが負けなかったことですからね。引き分けに持ち込まれはしたんですけど、スアレスは最低限の仕事はしたんじゃないかなと思います。

 

高木 はい。

 

明雄 今日のボールは全部ベース付近に集まっていましたから本調子ではなかったですよね。

 

高木 ほとんど芯で捉えられてますよね。

 

明雄 はい。ちょっと心配かなというのはありますよね。

 

高木 そうですよね。でも、僕はスアレスが鉄板で抑えてくれるピッチャーと思っていただけに、ちょっとこの打たれようが今後心配になるかなと思いますね。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

たまにはこういう日もありますね。
おすすめの記事