2021年12月5日にフジテレビで放送された「S-PARK」で100人が選ぶナンバーワンの「バットコントロール部門」が紹介されていました。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



第5位

青木宣親 当て勘みたいなものは誰よりも持っている気がしますね。

 

佐藤輝明 中日の大島さんですね。

 

もはやこのバットコントロール部門の常連。中日のリードオフマン大島洋平(6票)が3年連続のランクイン。

 

 

第4位

T-岡田 どこ投げたら抑えられるんやろうっていう(笑)

 

レアード コンドウ。ファイターズ。

 

2020年のナンバーワン。東京オリンピックにも出場した日本ハムのヒットメーカー近藤健介が4位8票で登場。

 

 

第3位

菅野智之 正直、僕はあまり投げるところがないなっていう。

 

ヒジエド チカモトサン。

 

今シーズン、最多安打のタイトルを獲得した虎の切り込み隊長の近本光司が9票を獲得し初めてのランクイン。

 

 

第2位

村上宗隆 バットに当てる技術というのは、本当にナンバーワン。

 

福留孝介 普通の人は多分そこをそういう打ち方をしないかなっていうような。

 

広島が誇る天才バッター西川龍馬が11票で2位にランクイン。巨人ビエイラが投げる163キロのストレートを打ち返すなど、代名詞の『変態打ち』は今年も健在。

 

残すはナンバーワンですが、少し番外編。

 

 

番外編

山田哲人 勝負強いですし、相手バッターだったら嫌だなと、スゴい思いますね。

 

牧秀悟 代打の1打席で1球で仕留めるバットコントロール。

 

歴史に残る大激戦となった2021年の日本シリーズ。その戦いに終止符を打ったのは川端慎吾のバットだった。

 

 

2015年には首位打者のタイトルを獲得し、バットコントロール部門のナンバーワンにも輝いた川端。怪我を乗り越え、今シーズンは代打の切り札として完全復活。5票を獲得し、実に5年ぶりのランクインとなった。

 

ここで川端に代打の切り札として復活した要因を聞いてみた。

 

川端 バッティングの根本的なものを変えないといけないなと思っていたんで、とにかくコンパクトに。腕を20センチぐらい下げて。

 

 

川端 下げる事によってバットが内から出る。最近では日本シリーズの最後のヒットとかは腕を下げて内からバットが出てるから逆方向にヒットになるんですけど、あれが今まで通りに上から打ってたら絶対に詰まったセカンドゴロとか空振りになってたので。

 

 

第1位

杉本裕太郎 やっぱりちょっとレベルが違うかなって感じます。

 

西川遥輝 ホームランを打てる選手がヒットを狙ったら敵わないですよね。

 

山川穂高 もう誰が見ても、特にヒットを打つことに関してはナンバーワンだと思います。

 

山本由伸 対戦したら申告敬遠(笑) 勝負しないです(笑)

 

25年ぶり優勝の立役者。オリックス吉田正尚が38票を獲得し2年連続でナンバーワン。東京オリンピックでは全5試合に3番でフル出場し、打率3割5分をマーク。

 

吉田の東京五輪の成績
全5試合に3番でフル出場
打率.350(20打数7安打) 打点2

 

試合を決める一打を放つなど悲願の金メダル獲得に貢献。2021年シーズンは2年連続首位打者。そして最高出塁率を手にした球界屈指のバットマン。

 

吉田の2021年の成績
打率.339(2年末歴史に)
出塁率.429

 

 

他にもその技術を裏付けるデータがある。

 

石川雅規 三振も少ないですし。

 

島内宏明 やっぱり三振しないんで。

 

栗林良吏 やっぱり一番は三振しないっていうのが。

 

実は吉田正尚の今シーズンの三振数はここ10年の規定打席到達者の中で最も少ない26個。

 

シーズン最小三振数(規定打席以上)
2012 内川聖一 36
2013 大和   40
2014 今江敏晃 43
2015 藤田一也 30
2016 川端慎吾 31
2017 角中勝也 44
2018 宮崎敏郎 45
2018 島内宏明 45
2019 宮崎敏郎 35
2020 吉田正尚 29
2020 宮崎敏郎 29
2021 吉田正孝 26

 

更に平均で何打席に一度したかを示す指標(PA/K=打席数÷三振)では今年2番目に三振が少なかったヤクルト・青木宣親を大きく上回り、17.5打席に一度だった。

 

2021年の上位2人のPA/K
1位 吉田正尚 17.50(455打席26三振)
2位 青木宣親 11.39(501打席44三振)

 

この数値は7年連続首位打者に輝いたオリックス時代のイチロー氏を上回る驚異的な数字。

 

1997年のイチローのPA/K
16.86(607打席36三振)

 

球界屈指のバットコントロールがあるからこそ、吉田正尚は球界一のヒットメーカーであり、球界一の三振しない男なのだ。

 

 

1位・吉田に聞く

吉田正尚 プロの同じ舞台で戦っている選手からの評価なので、スゴく光栄です。バットコントロールとはとりあえずバットにボールを当てる事じゃないですか。

 

バットをボールに当てさせたら吉田正尚は球界一!

 

2021年 バットコントロール部門
1位 吉田正尚(オリ) 38票
2位 西川龍馬(広島) 11票
3位 近本光司(阪神) 9票
4位 近藤健介(ハム) 8票
5位 大島洋平(中日) 6票
番外 川端慎吾(ヤク) 5票
おすすめの記事