2018年10月19日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でMLBの公式アナリストのマイク・ペトリエーロ(以下ペト)が2018年シーズンの新人王、サイ・ヤング賞、MVPを予想しています。

 



新人王予想

ペト アメリカンリーグは大谷が選ばれると思います。私が選ぶとしても、もちろん大谷です。今シーズンの大谷は期待を超えたと言っていいでしょう。打者としてもメジャーでトップ10に入ります。投手でも大いに才能を発揮しました。彼の活躍はまさに歴史的。ダントツで大谷だと思いますよ。

 

【2018年の大谷翔平の成績】

投手 10試合 4勝2敗 防御率3.31

打者 104試合 打率.285 本塁打22、打点61

 

 

ペト ナショナルリーグはナショナルズのソト(19)かブレーブスのアクーニャJr.(20)です。甲乙つけがたいです。

 

打率本塁打打点
ソト.2922270
アクーニャJr..2932664

ソトは10代の選手としては史上3人目となるホームラン20本以上をマーク

対するアクーニャJr.は史上最年少で5試合連続のHRとインパクトは強烈

 

 

ペト 同世代の2人は似たような成績ですが、私だったらアクーニャJr.です。アクーニャJr.の方が守備力が上ですし、地区優勝に貢献しています。ただどちらが受賞してもおかしくありません。

 

 

サイヤング賞の予想

ペト ナショナルリーグは予想しやすいと思います。メッツのデグロームで決まりでしょう。彼は200イニングを投げて防御率は1点台。シャーザーやノラなどの他の候補者たちよりも票を集めると思います。

勝敗防御率イニング
デグローム10勝9敗1.70217
シャーザー18勝7敗2.53220回2/3
ノラ17勝6敗2.37212回1/3

 

ペト アメリカンリーグは難しいですが、順当にいけばレイズのスネルでしょう。20勝以上をあげて防御率も1点台でした。ただ、私が選ぶしとらアストロズのバーランダーですね。なぜなら私が重要視しているのはイニング数、三振、そしてフォアボールの3つだからです。より多くのイニングを投げ、三振が多く、フォアボールの少ないバーランダーを私は選びます。

勝敗防御率イニング三振/9四球/9
スネル21勝5敗1.89180回2/311.03.2
バー16勝9敗2.5221412.21.6

 

 

MVPの予想

MVPを選ぶにあたってペトリエーロさんが重視するのが指標『WAR

打撃・走塁・守備・投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す

WARが5.0を超えるとオールスター級、8.0を超えるとMVP級とされる

 

ペト アメリカンリーグではレッドソックスのベッツとエンゼルスのトラウト、二人ともWARが10.0を超え、歴史の残るほどの素晴らしいシーズンでした。どちらが受賞してもおかしくありません。ただ、レッドソックスはチーム史上最多の勝利数をあげました。なので、ベッツが選ばれると思います。

打率本塁打打点WAR
ベッツ.346328010.9
トラウト.312397910.2

WAR1位は10.9でベッツ 初の首位打者を獲得しチームを牽引

WAR2位は10.2でトラウト 過去に2度のMVPを獲得した実力者

 

ペト ナショナルリーグの本命はイェリッチ。彼は首位打者を獲得し、ブルワーズの地区優勝にも大きく貢献しました。ただ、私だったらデグローム。WARだったらイェリッチの7.6に対して、デグロームは10.0です。MVPにはシーズンのベストプレイヤーを選ぶべきです。なので私はデグロームです。

成績WAR
イェリッチ打率.326 36本 110打点7.6
デグローム10勝9敗 防御率1.7010.0

 

 

来年の予想

ペト ピッチングの進化が続くと思います。ピッチャーの起用法はこの3年間で大きく変わりました。来年は今年以上に先発投手の投げるイニング数が減り、全体の6割を切ると思います。これからも選手のレベルは飛躍的に上がっていくでしょう。

 

 

まとめ

ペトリエーロの予想アメリカンリーグナショナルリーグ
新人王大谷翔平アクーニャJr.
サイヤング賞バーランダーデグローム
MVPベッツデグローム

 

以上です。

おすすめの記事