2018年12月30日にMBSで放送された『オールザッツ スポーツ内閣』で落合博満が阪神タイガースの4番バッターについてお笑い芸人の遠藤章造とブラマヨ小杉と共に語っています。

 



遠藤 今年の阪神は残念だったんですけど、後半に大山選手の3連発がありましたから、あれがやっぱり良かったですね。今後に繋がっていくんじゃないかなと思いますけどね。

 

落合 練習すればね。

 

遠藤 おっしゃる通りです。

 

小杉 阪神の若手も練習してるでしょ?

 

遠藤 いや、もっともっとしなアカンと思う。落合さんがおっしゃってるんだから。

 

小杉 やっぱり成績が悪いのは練習が足りてないという分かりやすいことになってるんですかね?

 

落合 レギュラー取れない選手は練習が足りないんだよ。負けてくチームは練習足りないの。

 

小杉 はー。なるほど。

 

落合 だからやりなさいって。やらなきゃ見えてこないものがあるの。

 

小杉 遠藤さん、分かりましたか?

 

遠藤 いや、ほんと。大山見てるか?

 

一同 (笑)

 

小杉 ちょっとぐらい大山をかばってやってるんですよって言ってくださいよ(笑)

 

遠藤 いや、やってるんですけど、やっぱり僕もおっしゃる通りやと思います。レギュラー獲って、タイガースの4番は大山で10年安泰となって初めてそう言えると思うので。ずっとそれを言われてるじゃないですか。4番候補は中谷とか色んな選手がいますけど、まだそこにいってないってことは落合さんのおっしゃる通り。

 

落合 それが人間の弱さというか、周りがそうやって焚き付けてくれるんで、自分の中でそういう風になったつもりでいるんだよ。

 

小杉 特に今の団子状態の若手の中で、この子はもっと練習したら伸びシロあんのになっていう選手はいますか?

 

落合 阪神の選手全員でしょ。

 

小杉 そっか。

 

落合 だから、4番を作ろうとは思わない方がいいと思う。

 

小杉 そうなんですか。

 

落合 うん。4番は無理。もう外国人でいい思う。

 

小杉 なるほど。

 

遠藤 大山だ、中谷だといい選手いっぱいいると思うんですけども。

 

落合 4番を作り上げるのは周りだから。だから、必ずいい4番のところにはいい3番、5番がいるんです。

 

遠藤 確かにね。

 

落合 だから、お互いにその持ち場を引き出す役割ってあるんでね。周りを固めることですよ。

 

遠藤 そういうことですよね。

 

 

以上です。

周りを固めた方がいいのはそうだと思います。

おすすめの記事