2019年1月に読売テレビで放送された『朝生ワイド す・またん』で2019年の阪神タイガースについて山田久志と川藤幸三が対談しています。

 



若手野手について

川藤 今年、2019年の打線は前任者の金本監督が3年かけてようやく芽が出つつあるかなっていう、そういうレベルじゃないですか。

 

山田 うん。やっぱり大山にしたって、中谷にしたって、陽川にしたって、やっぱりいい選手なのは間違いない。

 

川藤 うん。

 

山田 そこそこやれる素材としては悪くないと思う。ただ、すぐ一流になったつもりでみんなが見てしまう。

 

川藤 これは昔から阪神の一番弱いところです。悪いところじゃなくて弱いとこ。

 

山田 うん。そこがね、選手を少し勘違いさせるかもわからんね。

 

川藤 だけど、これは昔から一流になるような選手って、その壁を越えとるんですよ。

 

山田 やっぱり練習してたもん。

 

川藤 だから王貞治さんがいつも言うとる。スイングしてそのスピード、風の音で良くなかったかどうか分かるって言うんですよ。

 

山田 結局、昔の選手はスイングだったんだろうね。

 

川藤 スイングです。今の連中にスイングさせてみいや。100球ともたへんやろ。

 

山田 あぁ。そうだろうなあ。かなり前だけど長嶋茂雄さんと対談する機会があって「私はスイングの数で負けた人はいないね」って言ってたね。

 

川藤 やっぱりそれだけの自負を持ってるんですね。

 

山田 やっぱり長嶋さんというのはスイングが大事だってことを身をもって覚えているから、松井秀喜にもやらす。

 

川藤 はい。

 

山田 そして伊東キャンプなんかでもやらせて、とにかくスイングだって言ってね。あれを今の阪神の選手はちょっと参考にしてみたらどうかね。

 

 

藤浪について

川藤 もう一回あの藤浪をシバキ上げて。

 

山田 うん。

 

川藤 その後には若いピッチャーが出てきとるんだから。

 

山田 藤浪はね、一回放牧せないかん。

 

川藤 よそのチームに行かす?

 

山田 いや、自由に勝手にやれって藤浪に任せたと。

 

川藤 うんうん。

 

山田 監督もコーチも手を離してしまって、キャンプでも藤浪に任せて自由にやらせる。それでオープン戦でも投げたい日を言ってこいと。

 

川藤 責任を持たす。

 

山田 そうそう。それでダメならお前のせいだよ、誰のせいでもないよっていうことに持っていかない限り考え方が変わってこないと思うね。

 

川藤 うん。

 

山田 1年目10勝でまあまあ。2年目11勝で順調。3年目に14勝で良くて、あの時に藤浪に何かを言う奴がいなくなった。周りはあそこでこいつはもう大丈夫だと思ったと思うねん。

 

川藤 うんうん。

 

山田 「野球をなめたら必ずしっぺ返しを食らう」って入った時に教えてあげなきゃいかんよな。

 

川藤 だけどそれって「絶対にこの世界で生きたろう」っていう気持ちがあれば、自分で分かるはずですよ。

 

山田 うん。だけどね、あんた阪神のOB会長なんだから。

 

川藤 (山田はオリックスで)OB会長は一緒じゃない(笑)

 

山田 俺は遠くから見てる方だから。あんたは入っていってるんだから。

 

川藤 いやいや一緒です。

 

山田 山田がこんなことを言ってたとちょっと言っといてくれ。

 

川藤 じゃあ、今度沖縄キャンプで。

 

山田 私は阪神の沖縄キャンプよりもまずはオリックスの臨時コーチが忙しい。

 

川藤 オリックスの話もしとかんといかんじゃない。

 

山田 いや、オリックスはまだええねん。オリックスと阪神の日本シリーズはないわ。当分ないわ。

 

 

以上です。

オリックスと少し距離のある言い方に聞こえました。

おすすめの記事