2019425日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦で1点リードの9回表に抑えの山崎康晃が打たれ敗戦し、とうとう8連敗となってしまった横浜DeNAベイスターズについて楽天で監督をしていたデーブ大久保と元巨人の斎藤雅樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



DeNAの8連敗
4/164/174/194/20
1-7 ●1-3 ●1-2 ●2-9 ●
4/214/234/244/25
4-7 ●3-8 ●1-3 ●3-5 ●

 

稲村 DeNAが阪神に敗れて8連敗です。

 

大久保 はい。斎藤(雅樹)さん、DeNAなんですけど8連敗です。これはどう見てますか?

 

斎藤 僕はピッチャーもバッターもいいと思ってAクラス予想をしているんですけどね。

 

大久保 はい。

 

斎藤 まあ、今はちょっとチグハグなんてしょうね。

 

大久保 そうですよね。

 

斎藤 打ったら打たれて、という感じなんでしょうね。

 

大久保 僕が思うのは、チグハグになっちゃってる原因は、状態が良いならそれで良いんですけど、2番のソトということで。

 

この日のDeNAのスタメン
1番神里、2番ソト、3番ロペス、4番筒香、5番宮崎、6番中井、7番伊藤、8番大和、9番今永 

 

大久保 2番は初回だけじゃなくて、色んな場面で作戦を使いたい打順で回ってくるんですよ。

 

斎藤 うん。

 

大久保 そこでソトだとなんの作戦も使えない。今日もDeNA3点は全部ソロホームランだけの3発じゃないですか。

 

斎藤 うん。

 

大久保 そこがチグハグになってる。ラミレス監督は多分色んなコーチと話し合いするんでしょうけど、結局ラミレス監督の中では2番ソトというのが作戦になっちゃって、こだわり過ぎてるのかなと思うんですよね。

 

斎藤 うん。

 

大久保 なので、こんなチームじゃないのでこれから期待して見てみましょう。

 

稲田 そうですね。

 

 

以上です。

2番ソトはめちゃくちゃ怖い打線なんですけどね。今年のラミちゃんもコーチの話を聞かないという話が出てたりするんでしょうか?
おすすめの記事