20191020日にTBSで放送された「S1」で日本シリーズ 福岡ソフトバンクホークスvs.読売ジャイアンツの第2戦を野村克也と村田真一がぼやき解説しています。

 



試合前

―第2戦に向けてすること

野村 日本シリーズは第2戦からが本番。それで第1戦は両リーグのデータの確認。

 

村田 出たキャッチャーがスコアラーの出したデータのイメージ通りなのか、違ったのか、というのをミーティングで発表したりとかの確認ですよね。

 

1戦目を落とした巨人は上位打線を組み替えず

野村 この1番亀井、2番坂本っていうのはどう思う?俺はどうもピンとこないんだよ。プレーボールからクリーンナップじゃん。

 

村田 ハハ(苦笑) バントとか作戦をせずに打っていくなら、どうなのかなという感じがしますよね。

 

野村 適材適所じゃないような気がするけど。

 

 

試合開始

―アンダースロー高橋礼に初回三者凡退の巨人

野村 巨人のバッターが戸惑っているように見えるけど。ボールが重いのかね。内野ゴロが多いね。

 

村田 ボールがけっこう伸びてくるから、下から打ったら難しいんだと思う。あと野村監督の現役時代のスイングを見たことがあるんだけど、本当にキレイなレベルスイングで回りますよね。

 

野村 いやぁ、そんなに褒めてもらうようなバッターじゃないよ。

 

58年前の日本シリーズ 巨人×南海の思い出

野村 「巨人とやる時は敵は10人と思え」っていう。

 

村田 ハハハ()

 

野村 ど真ん中のストライクと思ったら「ボール!」っていう。

 

村田 へぇ~()

 

野村 俺、滅多に審判に文句言ったことないんだけど、「なんで巨人の味方をするんだ?」って言ったんだよね。「知り合いに巨人の選手のサインを頼まれることが多いんで、それがどっかの頭の片隅にあるんだと思いますよ」という。あんまりにも酷いからさあ。

 

5回表 バッター阿部が1球目と2球目でタイミング取り方を変える

村田 タイミングが取りづらいのかな。2球目は足を上げなかったね。スリ足に変えたもんね。1球目はいつものタイミングの取り方で、2球目にスリ足に変えたんで、やっぱりタイミングが合ってないんだろうなと思って。

 

この打席の阿部は空振り三振に倒れる

 

-巨人は61安打の先発メルセデスを代えて大竹

野村 なんでピッチャー代えたの?俺なら代えないよ。最近の継投って最初から決めてるよね。何回まで投げてとか、何球とか。(※足が攣って交代したらしいです)

 

村田 (苦笑)

 

野村 そんなことを決めていいもんかなあ。

 

―エラーが絡み大竹がピンチを迎える

野村 大竹もスピードがないんじゃない。俺にはボールが遅く見えるけど。

 

村田 140ちょっとな感じねですよね。

 

野村 うーん。調子がいいのかな?

 

―大竹が松田に3ランを浴び継投失敗

野村 ピッチャー交代が裏目に出たな。

 

村田 けど、メルセデスはシーズン中に6回ぐらいにいつも急に崩れるんですよね。でも、今日の原さんは6回までいって我慢した。それで十分だと思って7回から継投に入ったと思うけどね。

 

9回表 1アウト満塁でバッター岡本がセンター大飛球を放つが巨人の走塁ミス

野村 おうおう。何やってんだ。バカじゃないか、ほんま。6点負けて反撃もここまでか。

 

試合はソフトバンクの勝利

 

 

試合後

野村 貧打戦と言っていいんじゃないの。

 

村田 そうですね。

 

野村 巨人もソフトバンクと打てなさすぎるわ。いやぁ、俺らの経験から言っても日本シリーズだけは怖い。何が起きるか分からないから。もうこのまま有利に進むと思ったら逆転とかとんでもないことがあるしね。

 

村田 巨人は1勝したら絶対に流れが変わるから、その1勝するためにどうするかっていうのをみんなで考えるべきだなと。明日1日休んでね。

 

 

以上です。

中継ぎの差ですかね。
おすすめの記事